乗り越えたい今がある。【人生の転機】その試練にぶつかったら…。

試練を通して出会う、人生の転機。

足音を消して近付いてくる、目には見えない不穏な塊。

想像以上に憶病になる自分に呆れて、現実と向き合う勇気が必要だと気が付いた。

ずっとそばにいた人と離れる事と、ずっと続けてきた物を手放す事は、

幾つになっても難しい。

当たり前なんて何もない。当たり前ほど、幸せなことはないのだから。

人生の転機。その試練にぶつかったときに。

冷静になるたびに

さっきまで盛大に泣き喚いて、自棄になっていたのに。

また少し太ってしまったかもしれないとか、こんなところにホクロがあったかどうかとか。

自分のことをじっくり見つめながら、小さな変化を見つけては気にしている私に、

少し冷静さを取り戻していることに気が付いた。

この先のことなんて何も分からないから、とりあえず前でも向いてみるか。

深い溜め息をついて、横になっていた体を起こして、

わざとらしく背筋を伸ばしたりし、瞼はパンパンに腫れ上がっているから、

その違和感に立ち止まる。

さっきからこの繰り返し。

人生に目的が見つからないと、人はこんなに弱気になってしまうんだなぁなんて、

重ねた年だけを頼りに周りを見渡しているけれど、さっきから一向に答えは見つからない。

人生の転機を、あなたも迎えていませんか?

指先を慣れた手つきで動かしながら、今自分が知りたいことを打ち込んで、

当たり前の様にボタンを押している。

へぇとかふぅんなんて、バカみたいに一人声を出して頷いて、

分かったふりをするみたいに相槌を取りながら。

どこを探しても見つからない情報と、どこにも載っていない私の探しているもの。

ありきたりな言葉で誤魔化すことができたら、どんなにラクだろう。

怖くなる。心細くなる。

冷静さを取り戻すたびに、真っ暗な闇に飲み込まれてしまうのはなぜだろう。

一人きりを感じてしまう夜を、あなたはどうやって乗り越えていますか?

 
スポンサーリンク

幾つになっても

これからどうしよう。

引っ張り出した大きなカバンに、詰めたいものを探しながら、

部屋の中を彷徨っている。

思い出だけが溢れたこの部屋に、正解は何一つ見つからなくて、

今の私には何が要るのか分からなくなる。

曖昧な気持ちで必死にしがみついている今を、手放す勇気が欲しいのに、

守るばかりで足踏みをしている私に、怒鳴りたくもなった。

「そうまでして一体何が残るっていうの?」

どうしたいのかと聞かれても、正直何も答えられない。

人生の転機とは、そういう状況を言うのかもしれない。

ただここにいて、ただそのときを待っているだけの自分に、

どうしようもない憤りを感じながら、引っ張り出した大きなカバンに今の自分を詰め込もうとしている。

先のことなんて何も分からない。この先の自分もよく分からない。

ただ今の自分が気に食わないから、自問自答を繰り返す毎日を過ごしているんだ・・・。

中途半端で矛盾だらけの今に苛立ちを抱えているのは、紛れもなく私自身なのに、

そんな今から抜け出す勇気が、今一つ湧かない。

ずっとそばにいた人と離れる事と、ずっと続けてきた物を手放す事は、

幾つになっても試練だと思う。

人生の転機に訪れたその試練の出来事に、向き合う一歩を踏み出しましょう。

腹ただしくて、悲しくて。終わらせ方の分からな今だからこそ、

あなたの人生を見つめて下さい。

 

越えられるように

いても泣いても答えは出ない。

人生の転機が連れて来た試練はあまりにも大きな出来事で、どうしようもない悲しみに襲われる。

これからを見つめて立ちすくんでしまうけれど、時間は容赦なく過ぎていくから、

怖くもなった。

このまま身を任せて、なるようになるなんて笑いながら、

全てを受け止めることができたらいいのだろうけど、現実はそんなに甘くはない。

こういうとき、スムーズに事が運ばないこともそれなりに知っているから、

身構えてしまう。

いつか越えられるように。今を笑える日が来るようにとそっと願いながら、

難しい試練に向き合う準備を始めたいと思った。

よくある話だと片付けるには、あまりにも酷な人生の試練。

誰にも言いたくない人生の課題を、あなたもきっと抱えているでしょう?

壮大なテーマは、いつまで経っても色褪せなくて、

大人になるたび、反対に色濃くなっていくみたいだから。

つまずく今に見失いそうになる自分らしさ。

人生の転機の訪れは、新しい私に出会う時間です。

悲しみに飲み込まれても、見つけ出して欲しいと思います。

あなたの一度きりの人生。

どこかに隠れている、たった一つの答えを・・・。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

試練を通して出会う、人生の転機。

足音を消して近付いてくる、目には見えない不穏な塊。

想像以上に憶病になる自分に呆れて、現実と向き合う勇気が必要だと気が付いた。

乗り越えなければならないの試練は、あなた自身をも変える出来事に変わるでしょう。

心細くて涙が止まらない今を強く抱きしめて、前を向いて欲しいと思います。

人生はどう足掻いても一度きりなのだから・・・。
 
 



あなたへのオススメ