嫌な過去と恋に仕事。【人生の転機】に考えたい3つのこと

嫌な過去を思い出して、独り言。

迷子みたいに歩き回って、何とか追い払う悲しい思い出。

どうすれば透明になれるのか、真っ暗な感情に心だけが振り回されてしまう今。

恋なのかまだ分からないけれど、

どうしようもなく惹かれる人との出会いに、ドキドキしているあなたと、

涙が出てしまうほど、上手くいかない仕事に悩んでいるあなたへ・・・。

自分の人生の転機、見つめてみませんか?

嫌な過去

突然やって来る最悪な時間。

さっきから迷子みたいに、ただ部屋の中を歩き回っている。

思い出したくないのに、頭を過る暗い過去。

思い出したくないのに、考え込んで後悔をする。

これで終わりにしよう。

そう呟いてベットに腰掛けて、それでも止まらない悲しい記憶。

あんなことあったな。こんなこともあったっけ。

溢れる感情に心がついていかなくて息苦しい。

溜め息が増えて、胸が苦しくて、いつの間にか泣いていた。

嫌な過去を思い出してしまう日が、きっとあなたにもきっとあるでしょう?

誰かのせいにできたら楽なのに、ちっともその誰かが浮かびやしない。

私のことだから。自分のことだから。

こんなにも苦しくなってしまうこの時間の訪れは、

人生の転機が近付いているサインかもしれません。

どうにか意味を見出したくてたまらなくなってしまうのも、あなたが今と向き合うための大切な準備。

繰り返す記憶と感情の整理に心はヘトヘトになったとしても、

未来に繋がる重要なステップなのかもしれません。

 
スポンサーリンク

特別な恋

いつも通りなのに、いつもとは何かが違う。

窓の外を眺めて今夜は満月だとか、確認している自分に恥ずかしくなる。

気になって知りたくてたまらなくて、「今何してるかな?」なんて考えている。

恋をした。・・・たぶん恋だと思う。まだその程度だけれど。

冷静でいたい。恋が心を奪ってしまうことも、もう分かっているから。

それでも声が聴くだけで、胸が高鳴って止まらない。

どんな顔して笑うのか見てみたくて、目で追ってしまう。

いつも通りなのに、いつもとは何かが違う。

この恋だけに感じた、特別な感情。

上手く言葉にはできないけれど、何かがぴったりと合うそんな感覚。

あなは感じたことがありますか?

わかる。似てる。私もそう思う。

心で相槌を打って、今日も彼のことを想ってしまう。

どうしてこんなにも惹かれてしまうのか・・・。

運命だと信じたい恋。

その出会いこそ、あなたの人生の転機に変わるものでしょう。

 

人生の転機を引き寄せて

コンビニ寄ってビールを買う。

小さな楽しみを抱えて、今日を振り返る帰り道。

職場を離れてしまえば、どうってことないよなんて言えるのに、

朝になると、どうしようもなく逃げたくなる毎日を過ごしてる。

しばらく笑ってないな。しばらく空なんて見てないな。

真っ暗な夜空を今見上げている。

靴の中に小さな石が入って足の裏が痛い。

小さなビールがすごく重たく感じて涙が出た。

小さな楽しみが、こんなに重たくのしかかること。

自分の居場所を探すことにも疲れしまったこと。

上手くいかない仕事。職場よりも人間関係よりも、

あなたが不満を感じているのは、今の自分ではありませんか?

人生の転機を待たないで・・・。

タイミングは今。あなたが一番分かっているはずです。

前を向いて笑えるように、人生の転機を自分自身で引き寄せましょう。

 

最後に

人生の転機を、あなたは感じたことがありますか?

心の奥で感じるそのソワソワは、あなたの運命が動き出したサインなのかもしれません。

辛い今は、未来のために。

あなたがこれから出会う、新しい世界への準備期間なのかもしれません。
 
 



あなたへのオススメ