みんな迷惑…。【自己中な人】に振り回されてない?

一方的な感情の押し付けは、迷惑でしかありませんよね。

正義や価値観、または好き嫌い。

共感を求めたり強要する相手に、ウンザリした経験はないでしょうか?

相手の気持ちなどお構いなし。

自分さえ良ければいい。それが自己中な人なのです。

疲れを感じる、自己中な人の特徴をまとめてみました。

重たい気持ち

自己中な人は、一方的な気持ちや好意を押し付けます。

「これ美味しいから食べてみて!」

「絶対好きだと思ったから買って来たの!」

これほどまでに想われていること。その気持ちを、初めは嬉しく感じるかもしれません。

けれど自己中な人は、会うたびにたくさんの贈り物をしてくるのです。

家族や仲の良い友達でも、そこまで頻繁に行わないはず・・・。

相手の気持ちを想像する時に、自分の感情を優先してしまうため、

冷静に物事を捉えることができないのです。

【相手は喜んでいる】 【絶対に嬉しいはず】

そんな風に思い込んでいる場合があるでしょう。

自己中な人と付き合う上で、プレゼントや贈り物に悩む人は少なくありません。

あっさりとした関係を望んでいても、相手は深い繋がりを求めていることがヒシヒシと伝わってきます。

自己中な人に好かれてしまうと、どうしてもめんどくさい問題がついてきてしまうのです。
 
スポンサーリンク

いつだって自分が一番

懲りないしつこさも、自己中な人の特徴です。

あなたが誘いを断り続けても、しつこく連絡を続けます。

数回断わられたら、さすがに連絡を控える人が多いでしょう。

【もしかして・・・?】嫌われている?避けられている?

そんな風に考えるのが、普通かもしれません。

いつの間にか誰かを傷付けてしまうことは、

タイミングの問題や、互いの心の状態で避けられないこともあるものです。

そのため空気を読むということが、重要になる場面も多くありますよね。

【残念だけど、もう誘うのはやめよう】

このように距離の見直しを行なうはず。

しかし自己中な人は、そうはいきません。

何回断わられようとも、大切なのは自分の気持ち。

「会いたい!話しをしたい!」相手の気持ちなど関係ありません。

その気持ちを押し通そうとしてしまうのです。

 

共感の強要

自己中な人は、好き嫌いがハッキリしています。

自分の意見を持っている、プラスに取れることでもありますが、

自己中な人はそれを他者に押し付けます。

自分の正義や価値観。その共感を求めたがるのです。

簡単に言えば、趣味もそのひとつ。

例えば自分がサッカー好きであれば、野球好きのあなたを批判するでしょう。

あなたがサッカーに興味がなくても、サッカーの話を延々と続けます。

「私のために、サッカーについて勉強して!」

このようなことを、平気で言ってくることもあるかもしれません。

それほどワガママで、自分を優先的に考えている自己中な人。

他人に厳しく人の発言に過敏に反応を示しますが、自分のことは客観的に見つめることができません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

自己中な人は、基本的に自分が良けれ後はどうでもいいというような考え方をしています。

相手に思いやりを持つことを、当たり前のように行ないません。

そんな人に気を遣い、疲れを感じてまで付き合う必要はありませんよ。

静かにフェードアウトを開始して下さいね。

しつこい誘いや連絡は断ること。

ブレない対応を続けることが大切かもしれません。
 
 



あなたへのオススメ