いるいる!やたらと話したがる【自虐女】から逃げよう

自分を過小評価した発言ばかりする自虐タイプの女性。

あなたの周りにはいませんか?

ネガティブな話をしているはずなのに、隠し切れないナルシシズム。

本当に困っているようには、どうしても見えない・・・。

自己アピールとも取れる発言ばかりでは、男性からも煙たがられてしまう存在ですよね。

ついつい口してしまう自虐ネタ。

けれど、言い方次第では自虐女になってしまうので注意が必要です。

「私ってぼっちじゃん?」

無理に話さなくていいのに、とことん語り出す【病んでる】アピールの強い女性。

あなたは出会ったことがありますか?

心の病というものは難しい問題です。本人にとっても大変辛いものでしょう。

しかし自虐女はどうやらちょっと違うみたい・・・。

【病んでいる】という言葉に酔っているかのように、自分が大変だということばかりアピールしてきます。

そんなに大変なら、少し休んでいた方がいいのではないか?

そんな風に感じる場面もあるでしょう。

しかし彼女の行動には目に余る言動が多く見られます。

話の内容が相手に合わせて二転三転としていたり、こちらの話には全く興味を示さないただの喋りたがり。

「辛かったね」 「大変だね」

そんな優しい言葉を掛けてもらいたいのでしょうが、

あまりにも自虐的な発言が続くためこちらも疲れてしまいます。

【欲しがりすぎ】それが彼女たちの大きな特徴かもしれません。

「今週ホントに寝てないかも~」

このご時勢、仕事が忙しくない人はいないですよね・・・。

それでも、自分は【仕事がヤバイ】アピールをしたがる女性っていますよね。

女子会で必ず一人はいる「仕事がヤバイ」が口癖の自虐女。

仕事の愚痴や話がとにかくクドイ。それが彼女たちの特徴です。

どんな話題をしていても、必ず仕事に結びつけて会話をしてくるので、

そのたび不快感を感じることもあるでしょう。

「〇〇時まで仕事だったから寝てない~」 「今週は忙しすぎて時間ないんだよね~」

素直に「お疲れ様」とは言えない、何だか引っ掛かる言い方をしているため、

男性も気付きやすいタイプと言えるでしょう。

彼のいる友達や結婚してる友達の前では、特にその威力を発揮します。

「恋愛する暇がないんだよね~」なんて言われたこと、ありませんか?

恋愛をする人=暇という考えは自虐女の鉄板です。

自分にできないことは、全て【仕事のせい】

それがただの言い訳だということに気付く日は来るのでしょうか・・・。

 
スポンサーリンク

「チャンスはいっぱいあったんだよ?」

衝撃すぎる自虐女の発言に、言葉が出てこなくて焦った経験ってありませんか?

「今まで彼氏ができなかった理由は、自分が選びすぎていたからなんだ・・・」

「今が楽し過ぎて結婚したいと思えないんだよねぇ」

ナルシストなのか?それは自虐ネタなのか?

なんて返事をしたらいいのか戸惑ってしまう、彼女たちの衝撃発言。

彼氏ができた、結婚をした。

祝福の言葉を述べた後に話すにはふさわしくない自虐的な発言は、

不愉快を通り越して、言葉が出てこないほどの破壊力ですよね。

自虐女のこういった発言に、男性が感じる気持ちも同じです。

これでは、恋愛対象どころか近寄りがたい存在になってしまいます。

 

自虐女はモテない

何でこの人、わざわざこんな話をするんだろう。

そんな風に感じる場面に、しょっちゅう遭遇するというそこのあなた。

あなたの目の前にいるその彼女、自虐女ではありませんか?

構って欲しい、自分が中心でいたい。

自己愛の強さを感じる自虐ネタが鉄板の女性は、まず【仲良くなりたい】と思いませんよね。

ネガティブな発言と自己アピールは、聞いている側にとっては大変苦痛な時間です。

「またその話か・・・」 「可哀想アピール始まった・・・」

そんな風に思われてしまいます。

モテる女性の条件に、正反対のポジティブ発言があげられるように、

自虐ネタをわざわざ聞きたい人はいないということです。

けれど、自虐ネタはついつい口にしてしまいがち。

空気の読めない自虐女になってしまわないように、話し方や内容には十分に気を付けたいですね。

 

最後に

いかがでしたか?

意外にも身近にいる自虐女。あなたは大丈夫でしょうか?

自分の話ばかりをしたがる欲しがりな自虐女は、同性だけではなく異性にも煙たがられてしまいます。

実は自分が可一番愛いと思っているからこそ、話せることなのでは・・・?

会話をしているだけで、楽しい気持ちになれる女性を目指したいですね。
 
 



あなたへのオススメ