それってもしかして…?【前世】とスピリチュアルの不思議な繋がり。

気になってしまう、私の前世。

この先のことを見つめても、迷いばかりが溢れてしまうから・・・。

今に答えが欲しくなって、想像する輪廻転生。

出会うことのできない昔の私。

どうして好きなのか?なぜ嫌いなのか?

今に繋がる想いを見つめるびに、心に溢れる「もしかして」

今を変えるためのきっかけに。そして今を生きる支えとして、

スピリチュアルな観点から、前世を見つめてみませんか?

記憶を辿るその意味は?

あなたは前世を知りたいと思ったことはありますか?

自分がどんな人生を歩んできたのか、どんな人物だったのか・・・。

当たり前のように毎日を過ごしながら、ふとしたときに蘇る不思議な記憶。

本当に記憶なのか、ただの想像なのか。

迷いはどうしようもなく膨らむけれど、気になって仕方がない自分の前世。

理由は答えられないけれど、なぜだか昔から気になってたまらないことが、

あなたにはありませんか?

行ったことはないけれど、気になって仕方がないあの場所のことも。

心を動かす縁を感じる存在に、揺れる想い。

前世に惹かれてしまうときは、その気持ちを素直に受け止めながら、

ふとしたときに浮かぶその物事を、記憶を辿るように見つめてみましょう。

出会いたい前世に心奪われてしまうときこそ、自分自身を見つめるタイミングなのかもしれません。

いつもとは異なる観点で、今を見つめること。

スピリチュアルな観点で向き合うことで、出会うことができる新しい気付き。

どうして好きなのか?という、そこに隠されたヒントが見つかるかもしれません。

不思議な感覚には、前世という背景が潜んでいると思うことで、

受け取ることができる感情も可能性もきっと広がっていくでしょう。

 
スポンサーリンク

ひとつの気付きその心構え

どうしてこんなに上手くいかないの。

どうしてこんなところでつまずいているの?

自分に言い聞かせるように、呟いて涙が溢れてしまう夜。

どうすれば今を超えることができるのか分からなくなって、

答えが見つからないことに、腹が立って仕方がない。

今を変える何かを探そうとするたびに立ち止まる。

あっという間に過ぎていく時間の中で、なかなか見つからないそれに、

がっかりしてしまう。

上手くいかない今を誰かのせいにしてしまいたいときが、あなたにもきっとあるでしょう・・・?

前に進みたいのに、振り返ることに一緒懸命になってしまって、

後悔と不安に押しつぶされてしまうあの夜のこと。

眠れない。眠りたくない。

考え込んで辿り着くスピリチュアル。

前世までをも想像し、前世のせいにしてしまうあの瞬間。

心の声に耳を傾けて欲しいと思います。

大事なものはあなたが一番分かっているはずだから。スピリチュアルと向き合うときほど冷静に。

想いの背景を辿ることは良いですが、前世のせいにはしないこと。

言い訳にしてしまうのではなく、ひとつの気付きとして受け止める心構えが必要かもしれません。

 

隠れている不思議な繋がり

自分を高める手段として、意識したい前世という存在。

どうして心惹かれたのか、理由を述べる前に心を満たす重要なものを、

あなたも感じていませんか?

説明するには十分すぎる感情が心に溢れているのに、言葉にできない愛おしいもの。

自分のことを深く見つめ知るということは、大切なものに触れるということでしょう。

湧き上がる希望を感じる出来事や、絶望を感じたあの悲しみも、

まるでこうなることが決まっていたかのように訪れる現実は、前世との繋がりを意識する瞬間でもあるかもしれません。

輪廻転生。生まれ変わりを繰り返すと言われている私たち。

日々心の中にやって来る、小さな疑問とその違和感にも、

実は前世との不思議な繋がりが隠れているのでしょう。

目には見えないものだからこそ信じる気持ちが大切で、信じる想いが今を変える前世の存在。

もしかしてそうなのかもしれない・・・。

そう思えることの心の余裕が、あなた自身をも変えるきっかけになるものだから。

前を向いて歩いて行くこと。

今を生きる私たちだからこそ、身近に感じる前世のことを、

改めて今見つめてみませんか?

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

あなたは自分の前世を考えたことがありますか?

上手くいかない今に繋がりを見出して、言い訳に使うのではなく、

心の奥で受け取る、目には見えない大切なもの。

今を変えるためのきっかけに。そして今を生きる支えとして、

スピリチュアルな観点から、前世を見つめてみませんか?

迷いの多い今だからこそ、響く答えがきっとそこにある。

どうして好きなのか?なぜ嫌いなのか?

前に進みたいのに、振り返ることに一緒懸命になってしまうときほど、

記憶を辿るつもりで前世と向き合いましょう。

その背景にある大事なものに、気が付けるように・・・。
 
 



あなたへのオススメ