Close

忘れられないあの日。許したいけど【許せない】あの人のこと。

よくもうそんなに軽々しい言葉を、いとも簡単に準備できるよね・・・。

心の中で毒づくたびに、今に感じる息苦しさを改めて知ることになる。

目まぐるしく変わるあの表情と声色に、穏やかでいられないことは、

あの日からずっと変わらないのに・・・。

あなたには許せない人がいませんか?

許したいけれど許せない。忘れられないあの日の記憶。

深く刻まれた心の傷

後悔に腹を立てて、明日のことさえも考えられない。

震え出しそうになって、焦りながら振り払う。

こんな自分に嫌気が差して、頭を抱えてうずくまった。

大嫌いな人。意地悪な人。

深く刻まれた心の傷を、確認するようにうずくまる。

予定は狂うし気分は沈む。それでも憎まれ口をこっそりと叩くことしかできない今の私。

弱虫はどこの誰だろう。弱虫は私?っていうか弱虫って・・・。

必要な決断も、今を変える勇気も見当たらなくて、

ぼんやりと空を仰ぐ。

いい加減な話は聞き飽きた。つまらな言い訳に耳を貸すことも、もうやめてやる。

やめるんだ。

決めた決めたと席を立ち、ブルーに染まった感情を持て余す。

どこに行けば報われる。どこに行けば見つけることができる?

耳に残るあの人の声。雲行きも怪しい。

あなたの今はどうですか?

この先のこと、誰か代わりに決めてはくれないだろうか・・・。

そんな諦めに似たこと考えて、零れ落ちていく大粒の滴。

キラキラ光って見えるけど、そこには何も映ってはいない。

嫌いになればなるほど、記憶にべったりと張り付いてしまうのはなぜ?

思い返してばかりいる、胸が苦しくなるほど心が乱暴に扱われた言葉たち。

何の意味が一体あったの?あの人に聞きたい。

そうまでして守るべきプライド、本当に欲しかった?

 
スポンサーリンク

あの日から変わらない憎しみ

よくもうそんなに軽々しい言葉を、いとも簡単に準備できるよね・・・。

心の中で毒づくたびに、今に感じる息苦しさを改めて知ることになる。

目まぐるしく変わるあの表情と声色に、穏やかでいられないことは、

もうずっときっとあの日から、変わらない。

嫌われていることに気が付けないのか?はたまた気が付いた上のそれなのか?

到底理解することができない、あの人の言動。

あなたもきっと悩んでいるでしょう?

どっちにしたって人を傷付けていることを、自分なりの解釈とやらで誤魔化していることは、

どうやっても隠し通せるものではないのだろう・・・。

この人を見ていると、いつもそんな気持ちになる。なぜなら謝らない人だから。

「ごめんなさい」の一言を、私は聞いたことはないかもしれない。

振り回し巻き込んで、重苦しい感情をぶつけてくる厄介者。

あなたの周りにもいませんか?

少しでも油断してしまえば、都合よくつけ込まれてしまうから、

いつだって気が抜けないそんな相手のこと。

大丈夫。大丈夫。大丈夫。

繰り返し唱えるように自分自身に呟いて、誰かのようになろうとしたり、

期待に応えるように振る舞ってしまったこともあるけれど、そんなの傷を深めるだけだったんだ・・・。

大きな気付きに直面した私の心に溢れた怒りは、今までの出来事の重みを再確認させる。

怒りはそれほどのエネルギーを秘めた、原動力なのかもしれないけれど。

つまりは、前を向くタイミングの訪れ。

深呼吸をして姿勢を正して、まっすぐに今を見つめたときに、

湧き上がる勇気をきっと感じることができるでしょう。

 

あなたの時間を大切に

許せない人ならば、離れること。

許したくても許せない。それほどの苦しみを経験したからこそ、

辿り着いたあなたの答えなのではないでしょうか?

なりたくもないお人好しになってしまって、八方美人にもなってしまった今の私に、

サヨナラという決断がしたいから、前を向くために手放したい人間関係が、

あなたにもありませんか?

残酷な運命のようにも感じてしまうけれど、ひとつひとつ丁寧に思い返せば、

きっと納得することができるはずだから。

複雑に絡み合ってしまった今の背景にある、あなたの本音に触れて欲しいと思います。

抱え込んだ淋しさに、じっとりと湿り気を帯びた屈辱。

嫌いな人に心を支配されてしまう日々を過ごしているのなら、息苦しい今へ別れの決断を。

新しいあなたを生きる準備を、始めて欲しいと思います。

正解は他でもないあなたが、導き出すものです。つまりは辿り着いた答えこそ、

本当を繋ぐもの。

自分の時間をしっかりと生きて行くきっかけを、つくって欲しいと思います。

苛立ちや憎しみに心がとらわれてしまえば、どうしても奪われていポジティブ。

見失いたくない大事なものさえも、いつの間にかどこかへ忘れてきてしまうのなら、

思い出しましょう。時間は、限られているあなただけのもの。

到底許せるような出来事ではないはずなのに、自分を抑え込んで許すことに一生懸命に取り組んでいるなら、

心に問い掛けてみて下さい。

あなたの癒えない傷を増やす必要はありません。

許せないのなら離れてしまうこと。私はそう思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

許したいけれど許せない。忘れられないあの日の記憶。

大丈夫。大丈夫。大丈夫。

繰り返し唱えるように自分自身に呟いて、誰かのようになろうとしたり、

期待に応えるように振る舞ってしまったこともあるけれど、そんなの傷を深めるだけだったんだ・・・。

許せない人に湧き上がる複雑に絡み合った感情を、あなたも抱えていませんか?

前を向くために許さなくてもいい。とにかく今を変えるために、嫌いな人とは離れること。

新しい一歩を踏み出すための決断を、願っています。
 
 

YCC


あなたへのオススメ