またその話…?【悪口】好きな友達の心理とは?

口を開けば、人の悪口。

あれがヤダ。これがヤダ。腹立つ。ムカつく・・・。

ネガティブな会話。

進歩のない愚痴を延々と聞かされるのは、本当に苦痛な時間ですよね。

悪口好きな人の心理をまとめてみました。

愚痴大会

可愛いカフェ。美味しいスイーツ。

久しぶりに会った友達と、楽しい時間を過ごせると思っていたのに。

いつものように始まる悪口・・・。

「ホントに何様だよって感じ!」

「ムカつくんだよねー」「調子乗ってるよね!?」

やっぱり会わなければ良かった・・・。

彼女の意地悪な表情に、せっかくのスイーツも美味しく感じられなくなってしまうのです。

友達に会うことを、愚痴大会だと勘違いしている迷惑な人。

ネガティブな会話ができるのも、信頼している友達だからこそかもしれませんが、

その先にある、状況を変えたいという想いが感じられなければ、

彼女のつまらない愚痴をただ聞かされているだけの時間になってしまいます。

誰かの批判。誰かの非難。

延々と人の悪口を聞かされるのでは、不愉快でしかありません。
 
スポンサーリンク

考えてる?

会社の上司、同僚。友達、ママ友、姑・・・。

悪口が好きな人っていますよね。

一緒にいるときはいつも苦笑いになってしまう・・・。

心から笑顔になることができないのは、それだけ相手がネガティブな会話が多い人ということでしょう。

他に話題はないのかな?楽しい話はできないのかな?

人の悪口をずっと聞かされていると、驚くほどこちらは冷静になってしまうものです。

嫌いな人や苦手な人がいるのは、みんな同じ。

自分でできること、対処法を考えることができなければ、

それはただの進歩のない愚痴になってしまうのです。

 

人のこと言える?

誰かのことを悪く言わなければストレスを解消することができない、悪口好きな人。

あなたの周りにはいませんか?

自信のなさ、そしてコンプレックスを隠すために、

誰かをいつも非難して、自分を正当化させたいだけなのかもしれません。

嫌いな人がいる。じゃあどうしたらいいのか?

未来を見つめずに、あの人のここが嫌だ。あそこが嫌いだ。

ムカつく、ありえない・・・。と、グチグチ言っていても何も変わりはしないでしょう。

会うたびに人の悪口を延々と聞かされる相手のことを考えもせずに、

ただベラベラとしゃべり続けることができる彼女は、滑稽でしかありません。

自分のことを棚に上げて人の悪口を言う。

悪口好きな人は、自分を見つめ直すきっかけを見失った人なのかもしれません。

 

最後に

人の批判や非難は、聞いていて心地の良いものではありませんよね。

それを分かっていないから、次々とネガティブな言葉が出てきてしまう悪口好きな人。

どうしたいのか?どうなりたいのか?

未来の話をすることができないのが特徴でしょう。

毅然とした態度で切り抜けて欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ