こんな方法が!?嫌味でウザい【姑】の撃退法

上手く行かない姑との関係。

いつも当たられて、嫌味を言われては泣き寝入り。

なんたって相手は夫の母親。

気を遣って我慢をして、後で涙を流すお嫁さんも多いでしょう。

自分の両親ことを想い、子供のことを考え、

いいお嫁さんでいようと頑張りすぎてはいないでしょうか・・・。

ウザい姑の対処法をご紹介します。

ウザい姑との付き合い方

少しくらい言い返してもいいよね・・・。

そう心に言い聞かせてはいるのに、姑を目の前にすると怖くて何も言えなくて。

意地悪な嫌味を、笑顔で耐えているお嫁さんは多いでしょう。

頑張って歩み寄っても、相手が受け入れる心を持っていなければ、

その想いは虚しく、また傷付いてしまうことになるだけ。

ウザい姑に振り回されるのは、今日でおしまいにしてみませんか?

いいお嫁さんなんて、目指さなくていいんです。

肩の力を抜きましょう。

これ以上苦しまないように、ウザい姑から逃げる方法を考えて欲しいと思います。

報告連絡相談は、ご主人に任せてしまいましょう。

電話に出るのをやめて、メールのやり取りもしないこと。

もちろんこちらからの連絡も、全てご主人にお願いして下さい。

言い訳はいくらでもありますから、丸投げしてしまうことです。

もちろん、あなたが出てこなければ文句を言う姑もいるでしょう。

勝手に言わせておけばいいんです。

だって、あなたが出たって文句を言うのは同じなのですから。

「今出掛けてる」 「お風呂に入ってる」

心を守るためには、嘘も時には必要です。
 
スポンサーリンク

理不尽に責められないために

ウザい姑との関わりは、イベント毎の贈り物だけを行ないます。

あれだけ罵倒され傷付けられたのに、送りたくないと思う方が大半でしょう。

本当にその通り。

嫌いな人にプレゼントを選んでいる時は、辛い気持ちがやってきます・・・。

けれどこれは、実績を残すためのパフォーマンス。

やることはやっているという、証拠のようなものなのです。

姑周りの親戚から、理不尽に責められないために必要なこと。

心無い一言を思い出した時は、自分の実家にもプレゼントを選びましょう。

自分の選んだ夫を大切にしてくれる家族を想うと、幸せを感じられるはずです。

 

自分を守るために

ウザい姑はとにかく謝らない。自分の間違いを認めません。

自分より立場の弱い嫁だからこそ、強気な態度で威張り散らす姑も多いのが現実です。

あまりにも酷すぎる発言は、スルーしないこと。

あなたを傷付けたい姑は、落ち込んだ表情や動揺したところを見たいのです。

嫁だからって黙っている必要はありません。

かと言って同じ土俵にあがる必要もありませんが、自分を守るために勇気を出すことも重要です。

「え!?お義母さん、それ冗談ですよね?」 「冗談じゃないんですか!?」

とても驚いた表情で、大きな声で言ってみましょう。

できればご主人と舅のいる前がいいですね。

黙って耐えて分からないふりを続けるのもひとつの方法ですが、それではあなたが辛いだけ。

「まさか大の大人のお義母さんが、そんなこと言うはずないですよね!?」

そんな意味を込めて、わざとらしく大袈裟に言い返してやりましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

姑問題は、本当に厄介ですよね。

傷付けられた過去は、いつまでも消えないものです・・・。

いいお嫁さんでいようと、頑張りすぎないで。

もうたくさん頑張ったんだから。

ウザい姑から逃げる方法を考えて欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ