友達と【喧嘩】をした時に、考えたい3つのこと。

大人になると、なかなか経験することもないと思いますが、

あなたは友達と喧嘩をしたことがありますか?

子供のときの喧嘩とは少し異なる、大人の喧嘩。

よっぽどのことがなければ、相手に本音をぶつけることもないでしょう。

それでも伝えることを選んだ、あなたの想いはどのようなものですか?

大人になって友達と喧嘩をしたときに、考えたい3つのことをご紹介します。

喧嘩の前に

友達との関わり合いの中で、言葉や態度に傷付くことってありますよね。

友達という親しい距離感の中で、すれ違いはどうしても生じてしまいます。

相手が恋人であってもそれは同じこと。

想いを伝え合わなければ、関係を続けることは難しいものです。

心が深く傷付いた状態でも、今も付き合いが続いているのであれば、

それはあなたが我慢を続けているから・・・。

もちろん相手に悪気がない場合もありますが、意図的に心無い言葉をぶつけられてしまうこともあるでしょう。

嫉妬や甘えが背景にあるとは言え、あまりにも理不尽な振る舞いが続けば、

友達という関係にきっと疑問を抱くことになるかもしれません。

相手と向き合う選択をするのかしないのか?

それはあなた自身が心に問い掛けなければいけない問題かもしれません。

この先も友達として付き合っていきたいのか?

想いを伝えるほど、今も相手を信じることができるのか・・・?

心に傷が付くのは一瞬の出来事ですが、心の修復には果てしない時間が掛かります。

今日機嫌悪いな。疲れてるのかな?

当たられちゃった。ちょっと距離を置こう。

このように冷静に相手を見つめることができない時は、それほどあなたの心には深い傷があるということかもしれません。

繰り返し嫌味を言われてしまったり、振り回されていたり・・・。

心がヘトヘトで、相手と離れたいと思ってはいませんか?

じっくりと自分の本音と向き合う時間を作りましょう。

喧嘩をする必要があるのかどうか?その選択がきっと未来のヒントへつながるはず。
 
スポンサーリンク

大人の喧嘩

あなたの想いを伝えたときに、相手が怒る・・・。

そこで喧嘩がきっと始まりますよね。

今までの我慢。傷付いたこと。勇気を出して何とか言葉にしても、

「どうしてそのときに言ってくれなかったの?別にそんなつもりで私は言ってないんだけど!」

と逆切れされてしまったり・・・。

「重いんだけど!」なんて、話を逸らされてしまうこともあるかもしれません。

どんなに伝え方に気を付けて言葉を選んでも、自分の行ないを注意されたり否定されたと感じてしまうことで、

冷静に話し合いをすることができない状況になってしまったり。

相手があなたの言葉に耳を傾けることができれば別ですが、

さらにこじれてしまう場合が多いのも、大人の喧嘩の特徴かもしれません。

「ごめんね」その一言が言えない難しい友達との距離感に、悩みを抱えている人もきっと多いでしょう。

想いを伝えるということは、少なからず分かり合いたいという気持ちがあり、

あなたは勇気を出したはず・・・。

互いに落ち着いた頃にでも話し合うことができればいいですが、

状況は変わらず、友達と音信不通になってしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、「また連絡が来ればいいな」と切り替えて前を向きましょう。

喧嘩をしたいわけではないということ。その心構えが重要です。

 

大切な答え

友達と喧嘩をしてしまったときは、相手とあなたの関係をしっかりと見つめる時間を作りましょう。

居心地の良さや安心感。

一緒にいて笑顔になることができる相手なのかを、思い返してみて下さい。

今は、二人の関係をより良いものにするための時間なのか?

離れる選択を視野に入れる関係なのかを、冷静に判断して欲しいと思います。

このままでは状況が変わらない・・・。そんなときこそ時間が必要です。

この先も友達でいたいと思えるのか?

その答えを導き出せるように、焦らずにじっくりと自分自身と向き合いましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

難しい人と人との距離感のこと・・・。

大人になった今だからこそ、改めて考えてみてはいかがでしょうか?

言い合うことができても、状況が変わらなければ疲れてしまうだけ。

喧嘩をした後に互いに笑顔になれる関係こそが、本当の友達と呼べる相手かもしれません。
 
 



あなたへのオススメ