【友達】が少ないと、悩んでいるアナタヘ。

友達が少ないことを、コンプレックスに感じていたり、

悩んでいる人もいるでしょう。

人間関係が苦手・・・。コミュニーケーションが得意じゃない・・・。

様々な理由が、そこにはあるかもしれません。

友達の人数は、本当に重要な問題でしょうか?

「友達」について、一緒に考えていきましょう。

友達って何だろう

「友達」という形に、こだわらないこと。

人付き合いに必要な相手は、友達に限ったものではありませんよね。

何でも話せる?遊ぶことができる?

それを友達と呼ぶのなら、家族でも親戚でも、

または恋人でもいいのではないでしょうか?

友達という形に固執してしまい、無理をしたり我慢をしていては、

付き合うことに疲れてしまいます。

心に引っ掛かりを感じる関係を、長く続けることは難しいはず。

あなたにとっての本当の友達とは、どういうものなのか・・・。

一度じっくりと考えてみるといいかもしれません。

安心や信頼。それは人間関係を築く上で、とても重要なことでしょう。

友達という概念を見つめ直すことで、多くの可能性がきっと見えてくるはずです。
 
スポンサーリンク

たった一人の大切な人

好きな人に会う。好きな人と話す。

好きな人と笑うこと・・・。

異性でも同性でも、あなたが「会いたい」と思えるその人こそが、

あなたの大切な人なのです。

そう思える友達が一人でもいるこのなら、それは最高にラッキーなこと。

人数は関係ありません。

あなたに合った人間関係を築くことが、友達達をつくる上で一番重要なことではないでしょうか?

大勢の人と、バランス良く繋がることができる人もいるでしょう。

反対に、特定の人と深く繋がることができる人もいます。

友達の在り方は、人それぞれ。

誰かと比べる必要はありません。自信を持って欲しいと思います。

 

友達のような繋がり

家族や親戚。または恋人。

あなたの安心できる存在であれば、彼らを友達と呼んでもいいのではないでしょうか?

一緒にいて笑顔になれる相手のこと。

心がザワザワしたり、疲れたり・・・。

傷付くことが多い人と、無理をして友達を続ける必要はありません。

「家族や親戚しか、仲の良い人がいないなんて・・・」と、ネガティブに捉えてしまう人もいるかもしれませんが、

この先にも出会いはやって来ます

人は出会いと別れを繰り返していくことを、思い出して下さいね。

もちろん身内だからこそ、話しづらい話題もあるかもしれません。

恥ずかしさから恋の話を控えたり、結局は家族らしい付き合いになってしまったり・・・。

それでもあなたには、一緒にいることで笑顔になれる相手がいる。

その気持ちを大切に受け止めて欲しいと思います。

それは、恋人だって同じこと。

恋愛感情がある恋人のことを、友達として見ることはできません。

友達のような繋がりを感じられるということに、意味があるのです。

 

最後に

友達が少ないからと、コンプレックスを感じることはありません。

安心と信頼を感じられない相手と、疑問を感じながら「友達」を続けることはやめましょう。

人数なんて、ちっとも重要じゃありません。

一緒にいて笑顔になれる相手こそ、大切な人・・・。

家族でも恋人でも、友達と呼べる存在です。
 
 



あなたへのオススメ