大切な人との【別れ】について、考えたことがありますか?

深呼吸をして空を仰いで、今という試練に足が震えそうになった。

大切な人とのさようなら。悲しくて痛くって寂しいさようなら。

あなたの思い浮かぶその人は誰ですか?

心が破けそうになってしまうのは、嫌いになっても変わらない。

大切なあの人の別れのこと。

あの別れ

こんな風に思う日がやって来るなんて、想像もしていなかったから、

言葉が出て来なくなる。

ようやく振り絞って見つけたものは、今を乗り越えるための弱々しい励ましで、

眩暈を起こしそう。

寝る前に毎晩のように考え想っては、明日がこんなにも愛しくなったのに。

別れはいつもあっという間に、日常から過ぎ去ってしまうんだ・・・。

それは本当に驚くほど一瞬で、それはもう瞬きを忘れてしまうほどに儚い時間。

どんなに後悔に溢れ返っても、すべては滑り落ちた後だから、

当たり前の様にうずくまってしまうだけ。

大切な人との別れを、あなたは経験したことがありますか・・・?

未来をたくさん想像した恋人に、特別を感じた友達。

何もかも手放してまで手に入れたかった絆さえも、別れはいつも唐突に訪れてしまう。

どうしようもなく情けないほどの僅かな綻びは、時に人生を変えてしまうこともあるんだと、

少し怖くなって頭を抱えるように顔を手で覆っても、

見えてくるのは最悪の展開で、また同じ場所に戻っていく・・・。

サヨナラの準備はどこかで覚悟していたはずなのに、そこで初めて痛感することになる、

覚悟なんてどこにもなかったこと。

 
スポンサーリンク

思い浮かぶその人は

欲しかった愛情も、信じたかった運命も、

何も掴むことができなかった私の今に、何が残ったというのだろう・・・。

大切な人とのサヨナラは、息苦しくなるほどの何かを連れてきてしまう。

深呼吸をして空を仰いで、今という試練に足が震えそうになった。

大切な人とのさようなら。悲しくて痛くって寂しいさようなら。

あなたの思い浮かぶその人は誰ですか?

心が破けそうになってしまうのは、嫌いになっても変わらない。

失いたくなかったはずの絆に手を振って、当たり前になった呼び名も、

慣れ親しんだその声も、離れてしまった今では懐かしい。

思いがけない一言と、ごくたまに顔を覗かせていた疑いと、

通じない気持ちが辿り着いた、別れという選択肢。

「別れよう」とか「縁切ろう」とか、「フェードアウトしたい」とか。

いつからか頭の隅っこで、繰り返し浮かび上がるようになってしまったことは、

今も誰にも言っていない。

だってそんなこと言葉にしたくないくらい、本当に好きだったから・・・。

それでも耐えられなくなった悲しい現実。

窮屈になった心から吐き出された本音に、そっと胸を撫で下ろして、

「これで良かったんだ」なんて、小さく呟いた。

 

現実を受け止められなくて

唐突に訪れた別れに向き合うときに、いつも思うことがある。

私が悪かったの?彼が、彼女が悪かったの・・・?

犯人捜しのように、誰かのせいにできるのならと、

気持ちを塗り潰してまでも、今に救いを求めてしまうのは、

今という現実をどこかで受け止めきれない私が、いる証なのだろうか・・・。

瞼を閉じて祈るように、憶病になりながら、

心に問い掛けることを続けているけれど、相変わらず見つからない正解に、

そっと今という悲しみを噛みしめた。

愛しいだけじゃ上手くいかなくて、悲しみに追いかけられ初めて気が付いたことがある。

それが、自分の気持ちに寄り添う意味。

あなたもきっと感じているでしょう?

どんなに頑張っても、どんなに耐え続けても、

正直に自分自身と向き合わなければいけない時があるという現実。

後悔に怯えているだけでは始まらない大切なものを、

そっと拾い上げているのかもしれない今に、あなたは何を感じるでしょうか?

開いた手の平にはやっぱり何も見えなくて、半信半疑になってしまうけれど、

過ごした時間だけは消えないものだから、姿勢を正して前を向く。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?大切な人との別れ。

唐突すぎる、どうしようもなく情けなくなるあの痛みを、

あなたも感じたことがありませんか?

深呼吸をして今に救いを求めながら、探し当てる悲しい慰めのような言い訳の行方・・・。

新しい選択肢のもたらす試練に、成長を。

そして学びを願って欲しいと思います。

俯いているだけじゃ見えない世界は、きっとあるはずだから・・・。

顔を上げて前を見据えた瞬間に、視界に飛び込むあのキラキラしたものこそが、

未来へのあなたの希望の光。

私はそう祈っています。
 
 



あなたへのオススメ