見て見ぬふりなんてできない。【耐えてしまう】人間関係の行方。

おかしな話だとは思っているけれど、それでもどうしようもないから、

せめて今だけのことにしたい。

理不尽すぎる出来事に、意地悪で乱暴な言動に、

湧き上がる感情はちゃんとここにあるはずなのに・・・。

だけど言えない。のみ込んでばかりいる私の本当の気持ち。

あなたも抱えていませんか?

耐えてしまう毎日と我慢を続けてしまう日々に、見つからない答え。

こんなことになるなんて

つまらない質問の意図に気が付いたのは、実は最近のこと。

そのあとに待ち受ける意地悪に続いていくことは、何度かされてやっと気が付いた。

信じたくなかったのは、どこかできっと信じていたから。

すぐさま嫌いになれなかったのは、どこかで本当は好きでいたこの人に、

どうしようもなくガッカリしたからかもしれない。

突拍子もなくぶつけられたネガティブな感情に、深い戸惑いを感じて、

悲しみに溺れてしまいそうなほど悩んでしまったこと、今も覚えている。

悔しいくらいに分かっているはずなのに、相変わらず間抜けな顔をして耳を傾けてしまう私に、

寂しいくらいに情けなくなってしまったあの日のすべては、やっぱり忘れられないから・・・。

誰よりも後悔をしているのは私自身。あなたもきっとそうでしょう?

心の奥で零れ落ちていく痛みを切実に感じながら、そっと祈るように、

新しい状況の変化を望んでいたあの頃。

棘だらけの言葉の先に、ぼんやりとそしてはっきりと見えてきた、

相手の気持ち。

職場のキツイ上司だったり、嫌味な姑だったり。何かとライバル視したがる女友達も、

結局はみんな一色単に、簡単で単純な場所に向かっていることに気が付いたんだ。

「傷付けてやろう」 「傷付けてしまおう」

それは曖昧で漠然とした一瞬の過ちだけど、悲しいほどに自己中心的で、

悪意に満ちたものだった。

心の中にふと溢れ返った企みを、目の当たりにしてしまうあの瞬間を、

あなたも経験したことがありませんか?

 
スポンサーリンク

抑えつけた感情と

胸の辺りが息苦しいのは、湧き上がる後悔に気が付いているから・・・。

こんなにも一方的で、乱暴に押し付けられたネガティブは、

どう対処していいのか困惑してしまう。

いつの間にか辿り着いたこの場所は、もう嫌になるほど訪れた悲しみに溢れた場所なのに、

何度も何度もやって来てしまう私が情けない。

幾度繰り返せば気が済むのだろう。許すこともできないのに。

心の葛藤は、今に受けたショックを鮮明にする。

悲しくて悔しくて、ぶつけられた憎しみを見ないふりして、

平然とやり過ごすことができたら、どんなに今から救われるだろう・・・。

そんなことを考え尽くすけれど、決して簡単ではない。

簡単に済む問題でもないことは、分かっている。

誰かと向き合うということは、ただでさえとてもパワーが必要なものだから。

納得がいかないのに、あまりにも理不尽なのに、

耐え忍ぶ人間関係をあなたも抱えていませんか?

言いたいことも言えない。やりたいこともできない。

そんな自分にどうしようもなくやり切れない思いを抱えながらも、いつだって喉の奥に流れていく大切なもの。

悲しみに任せて、弱々しい怒りに任せて。

今ここにある感情のすべてを、吐き出すことができたら良かったのに。

心の中は思ったよりも複雑で、眩暈を起こしそうになる。

誰かから受けてしまった心の傷。深く刻まれてしまったという現実は、

なぜか自分自身を惨めにさせてしまうんだ・・・。

耐えたくないのに耐えてしまう日々を過ごしてはいませんか?

抑えつけた感情がこうしている今も溢れ返って、心をかき乱す。

 

この関係性の行方

「どうしてそんなこと言うの?」 「なぜそんなことをするの?」

聞けたらいいのに言えたらいいのに、心の戸惑いに圧倒されたまま、

何となく過ぎてしまうこの時間。

いつも探している答えは、相変わらず見つかりそうもないから、

涙を拭って今を呆然と見つめている。

悲しい現実。突き付けられた今に立ちすくんでばかりで、

見当たらない選択肢。

一方的なざわめきを、耐え忍び受け止めてしまう毎日に、

あなたは何を感じていますか?

思考は荒波のようにかき乱されているはずのに、懲りない私は淡い期待にすべてを委ね、

また口を紡んでしまう。その繰り返しなんだ・・・。

進歩ができない今に、悩んでいませんか?

本当は嫌なのに。本当はもうこんなにも疲れているのに。

我慢をして無理をして、耐えてしまう今のこと。

焦りと不安と葛藤の時間を、あなたも過ごしていませんか?

誰かの心無い言動に耐えてばかりはいませんか?

時折感じてしまう絶望は、隠し切れない今への戸惑いを突きつける。

分かっているはずなのに、浮かべてしまう愛想笑い。

自分自身を誤魔化してしまう今に溢れ返る虚しさは、どこまでも追い掛けて来るから、

困ってしまう。

見て見ぬふりなんてできやしない、心に深く刻まれた傷のこと。

新しい選択を見つけて欲しいと思います。

耐える人間関係は、立ち止まり見つめ直すべきものだと私は思うから。

あなたのその戸惑いを。垣間見てしまった憎しみを。

【これから】に当てはめて、整理してみてはいかがでしょうか?

苦しみを与えられてしまう関係性は、手放すべきものなのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

悔しいくらいに分かっているはずなのに、相変わらず間抜けな顔をして耳を傾けてしまう私に、

寂しいくらいに情けなくなってしまったあの日のこと。

迷いを感じているはずのに、頭を過る思い出もあるからこそ、

簡単には決断できない、この関係性。

それでも立ち止まる勇気を持って欲しいと思います。

二人の未来、その行方。

あなたの今をそしてこれからを、しっかりと見つめて欲しいと思います。

振り回されてはいませんか?思い悩む日々を過ごしてはいませんか?

心無い言葉をぶつけられてまで、守るべき付き合いであるのかどうか、

見極めましょう。

耐え忍ぶばかりでは、心の安らぎは得られないはず。

あなたが大切に想える人は、あなたを大切にしてくれる人でもあるのではないでしょうか?
 
 



あなたへのオススメ