好きだった友達に【フェードアウト】されたとき、考えたいこと。

しつこく聞きすぎたあの質問と、うるさく追及した秘密の話。

友達だから許される気がしていたし、親友だから嫌がる訳なんてないと決めつけていたのかもしれない。

深い溜め息。これからどうしたらいいの・・・?

正解が見つからない今に、消えない淡い期待。

もうサヨナラしたのに。

あなたは、大切な友達にフェードアウトをされたことがありますか?

どうしてこうなったの?

離れてしまったことに気が付いたのは、随分後になってからのこと。

今も本当のところは分からないけれど、きっと私の想像する以上のものを、

彼女はいつも考えていたのだろう。

それでもしっくりとこなくて、納得もできなくて、

こうしている今も夢であって欲しいと願っている、孤独な私がいる。

だって笑い合えていたから・・・。相談も聞いたし、力になれたこときっとあったと思う。

良い関係だと信じていた。

込み上げる淋しさに、少しだけ弱々しい怒りが混ざり合う。

これを切なさと呼ぶのか分からないけれど、呆然と立ちすくむ。

友達だと思っていた人からのフェードアウト。

大切な人を失った経験があなたにもありませんか?

何度も何度も思い返しては分からなくなる。私たちに何が起きたのか・・・。

言葉にすると薄っぺらな言葉を、繰り返しながら確認を続けた友情。

「大切な友達だから」 「私たち親友だよね?」

あのときの彼女の表情が、上手く思い出せないことに気が付いて、

静かに胸が痛む。

あの頃のようには戻ることができなくても、また隣で相槌を取ってくれるような気がして、

今も前を向けない私。

 
スポンサーリンク

複雑に見えて

触れたら崩れ落ちそうな絆だったの・・・?

考えても考えても、見つからない正解を探しているうちに、

いつの間にか淋しさは、静かな怒りに変わっていく。

「どうでもいいや」投げやりになって呟いた。

鬱陶しい感情を振り払いながら、こんなこと前にもあった気がして立ち止まる。

あなたにもありませんか・・・?悲しい心当たり。

懐かしさの中に溢れ返ったワガママ。

知らないうちに、気が付かないうちに、困らせていたのかもしれない。

切ない感情が零れ落ちて、大切なものが初めて見えてくる。

好きだった友達からのフェードアウトに、心を痛めてはいませんか?

落ち込んで傷付ついて・・・。心苦しい夜を過ごしても、

また新しい一日は始まっていく。

今まで湖南日が来ることを想像もしたことがなかった、大切な人。

あなたの今をしっかりと見つめて、まずは冷静になりましょう。

思い出せないことも多い懐かしい時間の中で、知らず知らずに誰かを傷付けてしまうことは、

ないとは言えないこと。

意図的ではなくとも、少し配慮に欠けてしまった出来事。

少し思いやりを見失っていた、あの頃の私。

後悔に溺れる前に、あなたの今に向き合って欲しいと思います。

近くなりすぎた距離感に、思わず出てしまった甘えを、

きっと感じて切るはずだから・・・。

もちろんどこで何で、相手が傷付くかは分からないことです。

全く身に覚えのない場合もあるし、それがいつで何なのか、

思い浮かばない場合もあるでしょう。

人間関係というものは、複雑に見えて案外分かりやすものなのかもしれません。

 

フェードアウトの真実

しつこく聞きすぎたあの質問と、うるさく追及した秘密の話。

友達だから許される気がしていたし、親友だから嫌がる訳なんてないと決めつけていたのかもしれない。

深い溜め息。今さらだと言われてしまいそうだけれど、多くの気付きに出会ったよ。

どこかで少しでも不安を感じることができていたのなら、もっと違う向き合い方ができていたはずなのに・・・。

大切な友達を失った悲しみに、少しずつ心の傷口が膿んでいく。

前を向くには思い出が多すぎて、振り切れるほどの強さもなくて、

孤独に感じる日々をあなたも過ごしていませんか?

でもだからと言って、追い掛けるのも違うことは分かっている。

時間に身を任せて、そっと見守る今という時間。

あなたの心の声に耳を傾けて、寄り添う時間をつくりましょう。

そして新しいあなたを目指すこと。

生まれ変わるような気持ちで、今に感じる淋しさを乗り越えるために、

未来を見つめて欲しいと思います。

幾ら思い悩もうが、結果的には憶測にすぎません。

フェードアウトの真実は、本人に聞く以外に知る術はないのだから、

まずはネガティブに浸りすぎないこと。

不快な後悔は、未来への教訓へ変わるものだから。

そしてその後に、笑顔になれる人間関係にまた出会えばいい。

どうしても、物事にはタイミングが関わってくる。

あなたも彼女も、たまたまの連続でこうした今があるのかもしれない。

だからこそ日々の学びをどう受け取るかが、重要なのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?好きだった友達からのフェードアウト。

まさかこんな日が来るなんて・・・。

噛みしめる淋しさに、自信を見失いそうになったこと。

あなたにもありませんか?

人間関係の難しさを感じながら、改めての気付きに出会うことになる重要な経験。

立ち止まり今を見つめる時間をつくって欲しいと思います。

消えない思い出。あの日の出来事。

深い後悔を感じてしまうときこそ、自分自身としっかりと向き合って、

これからに目を向けましょう。

気付きは学びに変わり、いつしか未来への教訓に・・・。

そう信じて。
 
 



あなたへのオススメ