五感を研ぎ澄ませて…。【第六感】を身に付けたいときは?

違和感を感じ、疑問を感じた今に訪れた。

見過ごせない直感・・・。

せっかく心にやって来た、電気のように痺れ出す運命を示すコンパス。

あなたの五感を超えた守るべきもの。受け止めてみませんか?

第六感を身に付けたいときに。

感覚を研ぎ澄ますことで

ハッとして振り返る。

本当に今日はこれでいいのかと。

信じたい直感。信じたい、今感じているその気持ち。

第六感を身に付けたいと思ったことが、あなたにはありませんか?

目には見えない不思議な力。

そのエネルギーは、体中で感じるメッセージのようなもの。

揺さぶられる心。その先に見えてくる新しい感情は、

まさに第六感からの知らせと呼べるのではないでしょうか?

潜在能力を引き出すことで、初めて出会うことになる特別なひらめきは、

あなたの今をも変えるきっかけにさえ変わるものでしょう。

深呼吸をして瞼を閉じて、心に問い掛ける今に差した導きの様な光。

違和感を感じ、疑問を感じた今に訪れた、その大切なもの。

守り抜くことができるように、しっかりと受け止めて欲しいと思います。

あなたの五感を超えたもの。

信じられる感覚に出会えること、それが第六感と呼ばれるものだから。

感覚を研ぎ澄ますことに集中をして、今を見つめて下さい。

 
スポンサーリンク

自分を信じる力

第六感と聞くと、何か特別なものを想像してしまうかもしれませんが、

そうではありませません。

まずはその固定概念を振り払うこと。

受け取り方が始めから限定されてしまえば、可能性というものは成長できません。

まずはフラットな状態で、今を見つめる姿勢が必要です。

その上で五感を研ぎ澄ますこと。

第六感に出会えるように、身近に広がるエネルギーであることを受け止めて欲しいと思います。

エネルギーという物は、あなたの向き合い方で大きく変わっていくはずだから・・・。

まずは心に余裕を与えてあげること。

ネガティブな感情が心に溢れてしまうときは、立ち止まる時間が必要です。

受け止め切れないという状況ほど、第六感は上手く使いこなすことはできないでしょう。

いつでも周りを見渡すことができる、心の余裕というものを用意できるように、

上手くいかない今に溢れた感情の行く先を、しっかりと見届けて欲しいと思います。

第六感を身に付けるためには、あなた自身の信頼が必要なのです。

つまりは、自分で自分を信じるということ。

自分の直感を信じることで、見える世界は大きく変わっていくでしょう。

湧き上がるインスピレーション。

 

あなたが決めるもの

まさか・・・。まさかね?

そんなはずはない。そんなわけはない。

ほんの少ししか感じることができないからと、せっかく出会えたの可能性に、

諦めという選択を、選んでしまってはいないでしょうか?

せっかく心にやって来た、電気のように痺れ出す運命を示すコンパス。

目には見えないものだから。

信じられないからなんて、言い訳はしないで・・・。

今このタイミングだからこそ、心に訪れたその感覚を大切に受け止めて欲しいと思います。

第六感を信じることで、妨げられることがある。

第六感を信じたことで、出会うことができる気付きもあるはずだから・・・。

震える心を強く抱きしめて、あなたの答えとなるものを見出しましょう。

自分自身と真っ直ぐに向き合う勇気を出して欲しいと思います。

第六感を身に付けたいと感じているのなら、今を生きるその意識を高めること。

命という感謝に目を向けて、直感というあなたの心に湧き上がるインスピレーションを、

強く抱きしめて欲しいと思います。

大切なものは、あなたが決めることなのだから。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

目には見えない不思議なエネルギー。

揺さぶられる心のその先に、見えてくる新しい感情は、

まさに第六感からの知らせと呼べるのではないでしょうか?

深呼吸をして瞼を閉じて、心に問い掛ける今に差した導きの様な光。

第六感を身に付けたいときは、まずは自分自身を信じること。

心に向き合う勇気を大切にして欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ