いつ終わりがくるの?【姑】のせいで夫婦喧嘩が増えた

付き合っている時よりも落ち着いたという人もいれば、

結婚をしてから増えたという人もいるでしょう。

パートナーとの喧嘩は、心を消耗する出来事ですよね。

夫婦喧嘩の内容は、今までとはちょっと違う一筋縄ではいかない原因もチラホラ。

どうにか喧嘩を減らしたい。仲直りをしたい。

そんな夫婦喧嘩の改善法をお話します。

互いの家族問題

喧嘩には様々な原因がありますよね。

例えば性格や価値観の差。生活の中で起こるすれ違いなど。

このようなことで起こる喧嘩というものは、恋人時代にもあったはず。

話し合うことや譲り合うことで、幾分改善できる喧嘩とも言えますよね。

しかし一筋縄ではいかない、本当に厄介な問題があります・・・。

そう、それが【家族問題】です。

パートナーの家族、そしてあなた自身の家族。互いに家族との関わりが発生するのが「結婚」

これにより、夫婦喧嘩が増えてしまったという家庭も多いのではないでしょうか。

夫婦二人だけならとても円満に仲良く過ごせるのに。

深刻な夫婦喧嘩に発展してしまわないうちに、早め早めの対処が必要です。

姑問題に立ち向かうには

家族問題といえば、代表的な【姑問題】

お姑さんとの関係がどういうものか、それは夫婦関係にも少なからず影響してきます。

ご主人にとって、姑は母親という存在。

それが大きくあなたを苦しめることになってしまうのです。

例えばですが、あなたは何もしていないのに・・・。

お姑さんから嫌味を言われたり、意地悪をされている。

そんな理不尽な仕打ちを受けていたら、頭にくるのは当たり前のことですよね。

心は想像以上に深い傷を負うでしょう。

それを旦那さんに相談することで、喧嘩が始まってしまうのです。

お姑さんの息子であるご主人と結婚したことによって生じた問題ですから、相談するのは当然のこと。

しかしそれを聞いて、状況を変えようとすぐさま行動に移せる人もいるかもしれませんが、

自分の母親を庇ってしまうという人も、少なくはありませんよね。

自分の母親が結婚相手を虐めている事実・・・。

認めたくないという感情や信じられないという思いから、

結果自分のパートナーを受け止めることができないのしょう。

けれど、それではあなたがいつまでも救われません。

信頼しているパートナーから認めてもらえないということは、更に心の傷を深めてしまいます。

話し合いはもつれる一方で、夫婦喧嘩は増えていってしまうのです。

この悪循環から脱出するためには、話し合う視点を変えてみることから始めましょう。

 
スポンサーリンク

夫婦喧嘩を減らすために

お姑さんに謝らせたい。黙らせたい。

酷いことをされれば、このように感じるのは当然でしょう。

しかし、お姑さんの攻撃が止むかどうかということは、実はそれほど大きな問題ではありません。

なぜならお姑さんを変えることよりも、夫婦の絆を深めることの方が大切であり必要なものだからです・・・。

家族問題において、夫婦で互いを守り合うことができる関係を築くということは、

全てに対応できる強い力があると言ってもいいでしょう。

お姑さんが何を言い何をしようとも、夫婦間は円満だとアピールできること。

それを見せつけることが大変効果的なのです。

あなたにした嫌味と意地悪が、自分の息子に筒抜けであるという事実を知らしめることに繋がります。

このような関係を作るには、もちろん時間は必要です。

けれど、この先も付き合いが生じる関係性であるからこそ、長い目で捉えてみて欲しいと思います。

夫婦喧嘩を減らすことは、姑問題を大きく左右する重要視すべきものなのです。

まずはご主人に、あなたの意見を肯定してもらうことをしなければなりません。

事実を認められず、姑のことを【悪気がない】なんて言ってしまう旦那さんには、証拠を見せることが必要です。

あなたの心が壊れてしまう前に、行動に出てみて欲しいと思います。

メールの履歴や、電話の録音。あなたに吐いた暴言の録音を準備しましょう。

実際に聞いてもらう、または自分の目で見てもらうのです。

その上で【お義母さんのことは切り替えるから、私を守って欲しい】ということを伝えてみましょう。

謝って欲しいと言って謝る相手ではありませんし、虐めないでと言って虐めないこともできない姑は、

放っておくのが一番です。

切り替えるとは伝えても、実際は難しいものではありますがご主人伝えることに意味があります。

結局は母親ですから、責めることは悪循環になってしまいます。

全ては夫婦喧嘩を減らすため。そう捉えて欲しいと思います。

 

最後に

いかがでしたか?

夫婦喧嘩の原因。何が多いのか考えてみたことはありますか?

家族問題は、夫婦関係に大きく関わってくることですよね。

その中でも姑問題は、永遠のテーマ。

息子を持つ母親は、どうして【嫉妬の念】に駆られてしまうことが多いのでしょうか。

もちろん、素晴らしいお姑さんと円満な関係が築けてるという人もいるでしょう。

しかし姑問題に悩むお嫁さんが減らないという事実は、目を背けてはいけない問題です。

大切なのは夫婦同士の繋がりの深さです。

夫婦間以外のことで喧嘩をするなんて、もったいない時間ではありませんか?

【理解という名の絆】を深めて欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ