【主婦】デビュー。女同士の友情で気を付けたい3つの事

結婚をして変わること。

今までの生活。繋がり。自分の当たり前・・・。そして友情。

結婚を機に仕事を辞めて主婦デビューをしたときに、

実は注意が必要な、女同士の友情のこと。

そして今までの友達との関係に変化が訪れたとき、あなたならどう対処しますか?

自由な時間の過ごし方

家にいる時間が多くなると一人の時間が増えますよね。

家事も忙しいものですが、すべてがルーティンというわけでもないのが事実。

自由な時間ができたときこそ、時間の使い方が重要なのかもしれません。

一人の時間が長くなれば寂しさを感じることもあるでしょう。

心細いし何だかつまらない・・・。

働いていたときとは環境が大きく変わる主婦デビュー。

家にいるという選択肢は自分で選んだこと・・・?

それともパートナーが望んだから・・・?

贅沢は言えないなんて、自分を追い込むのはやめましょう。

人間関係のストレスは確かに減るかもしれませんが、別のストレスを感じるようになるのは当たり前のこと。

環境の変化は、誰だって大きな不安を感じるものです。
 
スポンサーリンク

主婦デビューと寂しさ

寂しさや心細さから、苦手な相手と連絡を取ってしまった経験が、

あなたにはありませんか?

主婦業にも慣れて時短に家事を熟せるようになると、自由な時間が増えて、

誰か話し相手が欲しいと感じることもあるでしょう。

たまたま同時期に主婦デビューをしていたとか、自由な時間のタイミングが同じだとか・・・。

何となく似ている状況に、親近感を持ってしまうのかもしれません。

話し相手に選ぶには、少しめんどくさい相手。

それでも仲の良い友達とはタイミングが合わなくて、本当は苦手な友達と距離感を縮めてしまうこともあるでしょう。

結果しつこい連絡や心無い一言に傷付くことになり、後悔をしてしまうのもあなたです。

苦手だと感じているのなら、寂しさに負けて距離感を見失わないように気を付けること。

主婦デビューをしたときは、自由な時間の使い方と向き合う意志が必要なのです。

趣味を見つける、習い事を始める。

一人の時間を充実したものに変える、前向きさを持ちことが重要なのかもしれません。

 

結婚で変わる友情

一人の時間が増えると同時に、二人の時間も増える。

共に生活をするパートナーができたということは、生活スタイルも大きく変化します。

つまりは今までの繋がりにも、少なからず問題が生じる場合もあるということです。

主婦デビューをしても、変わらずに付き合ってくれる友達もいるかもしれませんが、

今までとの異なる状況に、不満を言う友達も中にはいるでしょう。

「え!?夕方までしか遊べないの?じゃあいいや・・・」

「そんなに旦那と一緒にいたいの?いつも一緒にいるんでしょ?」

「毎日家にいて何してるの?主婦は楽でいいよね!」

のろけ話をしたわけでもないのに、「結婚して変わったね」と非難するような発言をする人は、

果たして本当に友達と呼べる人でしょうか?

気を遣わせてしまわないようにできる限りの配慮をしても、

相手が初めから否定的な態度であれば、これからの友情を見つめるタイミングかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

主婦デビューをしてから、女同士の友情に改めて悩んだという人はきっと多いはず。

めんどくさくて薄っぺらい友情に、振り回される必要はありませんよ。

じっくりと今を見つめて欲しいと思います。

一人でも笑顔になれる時間ができたときに、友達との距離感が今よりもっと見えてくるはずです。
 
 



あなたへのオススメ