職場の気になる人を【デート】に誘うには?

タイミング、そしてどんな風に声を掛けたらいいのか・・・。

悩んでしまう社内恋愛。

せっかく気になる人に出会えたのに。

職場という環境で、アプローチに迷う人はきっと多いでしょう。

職場にいる、気になる人へのデートの誘い方をご紹介します。

「デート」は使わない?

慎重になることで、なかなかチャンスを掴むことができない社内恋愛。

周りに恋の過程を知られてしまうことは、ちょっぴり厄介ですよね。

仕事をする場所での恋のマナー。

できれば、想いが成就するまでは秘密にしていたいはず。

職場の気になる人をデートに誘うときは、始めは「デート」という言葉を使わないこと。

プライベートでの距離を縮めることに専念してみてはいかがでしょうか?

「デート」という言葉にとらわれずに、肩の力を抜いて声を掛けてみて下さい。

プレゼント選びに付き合って欲しいとか、気になるお店の食事に誘ってみるとか・・・。

堅苦しくならないように明るく声掛けしてみましょう。

「飲み行こうよ~」とか「暇なら付き合って!」なんて、

いかにも友達っぽい感じは出さないように注意して下さいね。

あくまで最初は仕事仲間の延長戦。

ゆっくりと時間を掛けることも社内恋愛では重要です。
 
スポンサーリンク

共感でアプローチ

どうしても自分から誘うことに躊躇してしまう場合は、

気になる人の好きなものに対して、アンテナを張りましょう。

趣味を押さえるだけでも、十分に恋のチャンスを掴めますよね。

気になる相手が上司や部下で年齢や立場を気にしてしまい、勇気が出ないときこそ共感が大切です。

例えば気になっている彼の趣味がスポーツ観戦であれば、

「私も観に行きたいなぁ!」 「私もスポーツ好きなんです!」と、会話の中に共感を入れましょう。

自分と趣味が合う人は自然と印象に残ります。

あなたの気になるその人に、親近感を感じてもらうのです。

「じゃあ今度一緒に見に行かない?」なんて、声を掛けてもらえるように・・・。

いつでも笑顔で、気になる人の話にしっかりと耳を傾けること。

相槌を意識するだけで、ぐっと印象アップを狙えるはず。

 

大人の女性はオンオフを

プライベートでの付き合いが増えてきた。

職場の気になる人との距離感に、変化が見えてきたときこそアプローチのチャンス。

二人で過ごした帰り道。

「またデートしてね・・・♪」と、可愛く伝えてみてはいかがでしょうか?

職場を超えた付き合いを、相手に想像してもらいましょう。

あなたを異性として意識させる一言を、さりげなく伝えることがポイントです。

仲の良い同僚であれば、好きな異性の好みを聞いてみて下さい。

もちろん仕事仲間であることは忘れないこと。

積極的になりすぎないように、アプローチの場所はプライベートな時間に限るのがいいかもしれません。

切り替えを見せることも、女性としてとても魅力的。

職場では今まで通りに振る舞って、オンオフでのギャップに彼はときめかせて下さいね。

 

最後に

ドキドキしてしまう社内恋愛。

職場の気になる人を、あなたもデートに誘ってみてはいかがでしょうか?

まずはプライベートな約束をしてみること。

職場を超えて、二人きりで会う時間をつくってみて下さいね。

あなたの勇気が恋が始まるきっかに繋がるかもしれませんよ。
 
 



あなたへのオススメ