あなたにはいますか?【親友】と呼べる友達が…。

人間関係を見つめ直した時に、ふと考える。

「親友」の存在。

そもそも「友達」の定義って何だろう。

親友と呼べる人が、私にはいないかもしれない・・・。

大人になるにつれて、ややこしくなる人との繋がり。

あなたの友達はどんな人ですか?

友達と親友の違い、その特徴をご紹介します。

親友とは

気を遣いすぎたり、顔色を気にしすぎたり。

友達との関係を改めて見つめた時に、ハッとすることがあるでしょう。

いつも彼女のために走り回っている気がする・・・。

もしかして私は、都合の良い相手なのかもしれない・・・。

生きていく中で、深い繋がりのある人との関わり。

友達の存在は想像以上に影響力が強く、心がザワつくこともしょっちゅうです。

心がくたびれている状況は、なぜなのか?

友達のあり方を一度考えてみませんか?

友達の中でも、さらに親しみを持てる相手。

仲良く付き合っていくことのできる相手こそが、あなたの「親友」と呼べる人なのです。

互いに謝れること

親友とは「安心感」であり、「信頼感」が重要なキーワード。

一緒に過ごす時間にこの2つを感じられるのならば、

その相手は、あなたのかけがえのない親友と言えるでしょう。

安心感とは、久しぶりに会った時に感じる居心地の良さでもあります。

「あの子の隣は、こんな雰囲気」というものが、それぞれありませんか?

会うたびに心を痛めてしまうような関係では、安心感は感じたくても感じられませんよね。

信頼感も同様です。

自分に余裕が持てない時・・・。

彼女からの相談事に上手く対処できず、困惑したことはありませんか?

自分の状況、そして辛い気持ち。

彼女に気付いて欲しいばかりに、当たってしまったり・・・。

相手の異変を素早く感じ取り、冷静な対応ができるのが親友です。

感情に任せて判断をしない。決め付けない。

最終的には、互いに謝ることのできる関係性。

信頼関係が築けているからこそ、理解したい気持ちが表れると言えるでしょう。

 
スポンサーリンク

大切だからできること

親友とは、距離感を一定に保つことができるでしょう。

どちらかが近づきすぎてしまったり、離れようとしているのを引き止めては上手く行きません。

人間関係に疲れを感じる多くの背景には、距離感の問題が隠れています。

親友と呼べる友達とあなたは、互いに距離感を保つことを意識的に行なっているはずです。

大人になるにつれて、友達や親友という言葉の意味を考え込んでしまう時がありませんか?

学生時代のようにはいかなかったり、離れた場所で頑張る友達に、

「変わってしまった」なんて、少し寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。

たくさんの出会いを経験していく中で、人が変わるのは仕方のないことです。

きっとあなたも変わったはず・・・。

それでも思い出は、いつまでも変わりません。

大人になって、改めて考える「親友」の存在。

出会いに感謝することが、親友との繋がりを感じる瞬間なのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたか?

大人になった今だからこそ、自分には「親友」と呼べる人がいるのだろうか?

一度内省をしながら、考えてみるといいかもれません。

人間関係に疲れても、振り返ればいつでも笑顔を向けてくれる人がいる・・・。

多くの出会いの中で、今も繋がりを持つことのできている友達の存在。

その意味を深く受け止めて欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ