まさか運命の人?昔好きだった人と【再会】どう向き合う

昔好きだった人や元彼。

「まさかこんなところで・・・」なんていう再会。

経験したことはりませんか?

運命を感じてしまう再会は、気になってしまいますよね。

こんな時、どのような行動を取ればいいのか。

運命を感じる再会との向き合い方をご紹介します。

幸せの訪れ

まさかまた会えるなんて思ってもいなかった。

地元を離れて何年も経つのに、昔好きだった人へバッタリ。

もう会うこともないと思っていた元カレに声を掛けられた。

驚いてしまいますよね。

胸はドキドキして、懐かしいようなちょっぴり切ないような不思議な感覚。

再会の背景には、あなたと相手に共通点が多くあることが考えられます。

仕事や生活環境、または目標にしていること。

行動範囲もそうですが、その時その場所で再会ができた偶然は、

何か意味があるのではと考えてしまいますよね。

あなたが恋をしていた人だからこそ、奇跡のような偶然が起こったのかもしれません。

「元気そうだった」 「幸せそうだった」

そう感じられたなら、あなたにも素敵な幸せが訪れるタイミング。

運命の流れを感じながら、笑顔を大切に毎日を過ごしていきましょう。
 
スポンサーリンク

反面教師?

運命を感じる再会でも「あれ?」と思うこともあるでしょう。

「彼こんな人だったっかな?」

「彼が変わったの?私が変わったの?」

このように感じる場合は、反面教師として受け止めることが大切です。

「私も見失っていることがあるかもしれない・・・」

このように、客観的に冷静に受け止めて欲しいと思います。

相手も、あなたの変化を感じている場合もありますよね。

互いに別の道を歩んでいるということを、改めて実感する機会になるでしょう。

もちろん、お互いが成長したということでもあるのです。

今このタイミングで再会できたことで、何かしら気付きを感じるはず。

「お互い頑張ろうね」

そう言って手を振りましょう。

縁があったからこそ、再会したのかもしれません。人生において出会える人には限りがあるはず。

「いい出会いだったな」

そう考えて、あなたの進むべき道を歩んで欲しいと思います。

 

もう一度だけのチャンス

まだ忘れられていなかった彼との再会。

動揺してしまいますよね。

けれどこの運命の再会こそ、あなたに与えられたチャンスでもあります。

一人で抱えていた想い。伝えてみてはいかがでしょうか?

相手を驚かせることになるかもしれませんので、迷惑にならないよう大人のマナーで告白しましょう。

感情的にならないことが、運命の再会を素敵なものにしてくれるかもしれません。

例え結果が残念なものになろうとも、それはあなたが前を向くための大切な区切りとなるはず。

再会できたことへ感謝をして、彼の幸せを願いましょう。

あなたの運命の人との出会いは、これから訪れるということにもなりますよね。

その出会いを楽しみに、前を向いて欲しいと思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

運命の再会、意識してしまいますよね。

会話をしなくても、偶然見掛けることもあるでしょう。

当時の思い出が頭に蘇り、懐かしさを感じるはず。

「あんなことあったな」 「こんなことしたな」

少し甘酸っぱい気持ちになることもあるかもしれませんが、

あなたも彼も違う場所で、今を頑張って過ごしているのです。

心の中で応援してあげる。

それだけで、あなた自身も更に輝けるかもしれませんよ。
 
 



あなたへのオススメ