白馬に乗った王子様?【理想】が招く恋愛の落とし穴

今までの恋愛を振り返った時に、真っ先に思い浮かぶ人は誰ですか?

理想の相手とのお付き合いは、記憶に残るものですよね。

自分の理想の恋人は、一体どこにいるのかな?

そう思い悩む女性も少なくはありません。

けれど恋人に求める条件と理想は、あくまで別物。

理想を膨らませるのは自由ですが、あまりにも理想を高くしてしまわないように気を付けましょう。

理想高すぎない?

恋人に求める理想は女性、男性どちらにもあるはず。

理想はあくまで理想ではありますが、特に女性は理想を抱きやすい一面があるのかもしれません。

理想の王子様的な存在は、永遠の女性の憧れ。

お姫様願望があるからこそ、理想が高くなってしまいます。

中には外見ばかりを述べる人もいるでしょう。

けれど現実的であり一番重要なのは、中身ですよね。

それを忘れずにいることも恋をする上では大切なこと。

自分の中で設定を作りすぎてしまうと、現実で素敵な出会いが起こっても見落としてしまうことがあるからです。

譲れないポイント

スポンサーリンク

幾つか理想を挙げるなら、重要視したいポイントはどこですか?

恋人に求める条件より抽象的なものになるとは思いますが、改めてじっくりと考えてみると、

新しい発見がきっと見つかるはず。

その理想は互いの居心地が良いものか、幸せを感じられるものなのかを想像してみると、

より現実的に浮かぶかもしれません。

何より相手に理想を求める中で、あなた自身もそれに応える心構えも必要でしょう。

理想の恋人を手に入れるためには、自分自身を磨くことも忘れずに行なうこと。

それが素敵な出会いにつながるはずです。

 

理想を押し付けないで

「こうじゃなきゃダメ」

こんな風に、相手に理想を押し付けるのは、NGです。

自分が大好きな恋人に言われたら、傷付いてしまうこともありますよね。

あくまで相手が好きだからこそ「こうであったら」更に嬉しい。

そいう伝え方をしてみるのならアリでしょう。

期待を募らせて、相手にプレッシャーを与えないように気を付けることも忘れずに。

理想はあくまで理想ですから、今目の前にいる相手の良いところをたくさん見つけることを優先して下さいね。

 

最後に

理想の相手に、あなたはもう出会っていますか?

背が高い、顔がイケメン、記念日には必ずプレゼントをくれるなど。

様々な理想が浮かぶでしょう。

女性は白馬に乗った王子様をどうしても期待してしまうはず。

改めて現実的に考えてみるのも、素敵な出会いを見逃さないためには大切です。
 
 



あなたへのオススメ