【離婚】を考える瞬間。あなたにはありますか?

あなたは【離婚】を考えたことがありますか?

始まったばかりの新婚生活・・・。長く続けた結婚生活・・・。

タイミングは人それぞれ。

パートナーと生活していくことに、限界を感じてしまう瞬間。

頭に浮かぶ「離婚」の二文字・・・。

離婚を考える瞬間を、まとめてみました。

合わない

価値観が異なることは、一概に悪いこととも言えません。

互いに相手の意見に耳を貸し、話し合うことができれば、

二人のルールや価値観は折り合いをつけることができるでしょう。

ポジティブに考えれば、新しい価値観に出会えるきっかけに繋がるもの。

しかし、どうしても【合わない】と感じる状況があれば、話は大きく変わります。

偏りを感じる意見、そして正義。

パートナーに同じものを求め、否定をし押し付ける。

それは夫婦生活において、大きな溝を作るきっかけになってしまうのです。

二人の心の距離はどんどん離れ、どこかでいつも【諦め】を感じながら生活を続けていくことに。

分かり合うことをしない。話し合わない。

心の中でひっそりと諦めるという作業は、想像以上にストレスが溜まります。

「この人に何を言ってもダメ」

そう感じた時に、離婚という選択肢が頭に浮かぶでしょう。
 
スポンサーリンク

妻よりも母

離婚を意識するきっかけの多くに、【姑】問題があるでしょう。

合う合わないでは済まない、嫌がらせや嫌味。そして意地悪。

姑のしていることを、「悪気がない」で済まされてしまうほど辛いものはありませんよね。

自分の母親のしていることを、認めたくない気持ちがあるのかもしれませんが、

お嫁さんだってそれは同じこと。

まさか自分の愛した人の母親から、酷い仕打ちをされるなんて想像すらしていません。

【希望】を持たず、結婚をする人などいないでしょう。

幸せな未来を想像し、夫婦になる道を選んでいるのです。

妻の言葉に耳を貸さず、見て見ぬふり・・・。

全面的に姑の味方をするような、マザコン夫・・・。

二人の未来ではなく離婚を想像することで、未来に希望を感じられるようになってしまうのです。

 

もう一緒にはいられない

夫による【裏切り】を、あなたは許すことができますか?

異性に関わる問題は、悲しみと怒り・・・。屈辱をも感じる出来事です。

ボーダーラインは人それぞれ。

夫婦のルールによって異なる、デリケートな問題ですよね。

パートナーの裏切りは、心に大きな傷を残します。

夫婦関係に影響を与え一緒にいることも辛くなり、逃げ出したくなるほどの不安がいつも付きまとうのです。

【修復】したくても、できないと気付いた時。

生活に疲れを感じ、顔も見たくなくなり離れたくなる・・・。

心の整理には時間が掛かるかもしれませんが、一度決めた心は簡単には揺らがないでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

離婚を感じる瞬間ってありますよね。

大きな夫婦喧嘩をした時や性格の不一致・・・。

様々な背景がそこにはあるでしょう。

一度愛した人を嫌いになる。

離れたいと感じるということは、よっぽどなことがあったから・・・。

離婚の二文字が頭に浮かんだ時は、

夫婦でいる意味を考えてみることで、何かヒントが見つかるかもしれません。
 
 



あなたへのオススメ