もう【離婚】したい…。夫婦のこれからのこと。

夜中に目が覚めて、起き上がる。

隣に寝ているこの人は一体誰だろう。

愛を誓った人なのに、心はどんどん離れていく。

永遠の愛ってなんだろう?夫婦ってなんだろう?

眠れない夜は続いていく・・・。

離婚に悩んでいるアナタヘ。

ふたつの未来

「いいよ。じゃあそうしよう」

「いいの?ありがとう」

こんな会話。何の意味もない。

あなたの気持ちがここにないことなんて、とっくの昔に気付いてる。

考えても考えても、見つからない答えのまま。

少しでも今が続くように約束をつくってしまうだけ。

同じことの繰り返しになるのも、答えを出したくない私のせいなのも知っている。

「そろそろじゃあ、行こうか」

「うん、そうだね」

外に出て周りを見渡して手を握る。

ときめきも感じないし安心感なんてもうとうない。

それでも手を繋いでいれば、このまま黙っていれば・・・。

何とかなるんじゃないかとも思ってしまう今の私。

離婚という選択と修復という、ふたつの未来。

あなたはどちらを選びますか?
 
スポンサーリンク

「もう」って何回目?

「いい加減、信じてよ」

どうすれば今を終わらせることができるのかな。

「もう嘘なんかつかない!」 「もう絶対に裏切らないから・・・」

ぜんぶ「もう」が付いていて、その言葉を聞くたびに思い出してしまう夫の裏切り。

あの日のことを忘れられるくらい、恋に恋していられたら良かったのにね。

泣き喚いて責め立てて、離婚を考えたあの日のこと。

こういうのって一番ダメなんだって、テレビか雑誌で見たことあったな・・・。

ふとしたときに頭を過って、疑問を感じてしまう今の生活。

夫婦間の裏切り。

愛を誓った人からの裏切りは、それだけ心に深く消えない傷を残します。

暑かったこと。寒かったこと。

あの女と、そして夫が言ったこと。

二人の言葉の狭間で、体中がこわばって震えたらやっと出てきた涙。

離れない選択をしたはずなのに、こうやって悩んでいる今のこと。

一人抱える大きな不安と悲しみを、しっかりとパートナーに伝えて欲しいと思います。

今一番必要なのは、夫婦としての話し合いなのかもしれません。

 

心の声に寄り添って

「好きだよ」 「愛してるよ」

昔はあんなに嬉しかった言葉がも、今はちっとも聞きたくない。

ご飯の準備も億劫だし、掃除の時間さえ苦痛になった。

この家にいるのが辛すぎて、どうしようもなく一人になりたい。

こんな人と結婚したかった。こんな夫が欲しかった。

そんなことばかり考えるようになった。

恥ずかしくて誰にも言えないけれど、恋がしたくてたまらない・・・。

ここに私の居場所はないと気が付いたから。

それでも離婚の後も、色々なところで夫を見つけてしまいそうでウンザリする。

姑に罵られても笑っていたあなたの顔も忘れらないから。

あなたの今とこれからのことを見つめて下さい。

本当はずっと前から決まっていた答え。

その答えのために今、動き出しましょう。

あなたの心の声に寄り添う勇気を出して欲しいと思います。

 

最後に

一瞬で忘れることができたらいいのに・・・。

踏み出せない離婚。決められない選択。

結婚は家族同士の繋がりだから、難しい問題も山ほど見えている。

そして、この気持ちも・・・。

だからこそ怖くて、先が見えない離婚のこと。

それでも行動すればきっと少しずつでも動いていく。

人生ってきっとそういうものだから・・・。

だからこそ未来に期待をすることも、とても大切なのかもしれません。

あなたの幸せを見つめることから始めて下さい。
 
 



あなたへのオススメ