ガマンしすぎてない?好きな人に【連絡】するタイミング

好きな人への連絡ってドキドキしますよね。

考え過ぎてなかなか文字が打てなくて、結局送ることを止めてしまったり。

用もないのに連絡できないなんて、諦めてしまってはいませんか?

恋を動かすために、その一歩を踏み出しましょう。

ちょっとの勇気と積極性

連絡をすることに迷ってばかりいては、チャンスを逃してしまうことになり兼ねません。

恋愛においては【積極性】は重要な鍵と言えるでしょう。

消極的になっていると、いつの間にかライバルに先を越されてしまいます。

勇気を持つためには、少し【積極的】になることです。

肉食系女子を目指せというわけではありませんよ。

ここぞという時に勇気を出せる潔さは、恋愛に限ったことではありません。

仕事でも役に立つ【決断力】に繋がります。

チャンスを逃したくない、少しでも彼と仲良くなりたい。

簡潔に物事を捉える練習から始めましょう。

「仲良くなりたいけど、でも・・・」

緊張と不安で「でも」や「だって」ばかり使ってしまってはいませんか?

恋愛は相手がいるものだということを忘れないで下さいね。

本当の気持ちは彼にしか分からないことです。

不安を募らせてひとりよがりにならないためにも、ちょっとだけ勇気を出して欲しいと思います。

用事は自分で作る

連絡をできない大きな理由に【用事がない】という問題はありませんか?

用事がないのに連絡をしたら、迷惑に思われてしまわないか。

好きな人にどう思われているのかというのは、とても気になることです。

友達のようにくだらないことで、何通もやり取りができる関係になるためには、

まずは【信頼関係】を築くことが必要です。

相手がどう感じているのか、想像できる関係性を目指すこと。

それは相手のことを知るということでもあるでしょう。

好きな人、または元カレなど。

あなたが想いを寄せる彼に、相談事をしてみてはいかがでしょうか?

自分に置き換えて考えてみて下さい。

相談を受けるということは、自分が信頼されていて好かれている。

このよう感じませんか?

相談内容は、恋愛のことではなく仕事のことがいいですね。

誤解を招かない、相談しやすい内容を選んでみて下さい。

話が盛り上がれば、会うことにだって繋がる大きなチャンスです。

相談をしたから終わりではなく、相談をすることで様々な展開を想像してみましょう。

もちろん相手に任せるのではなく、あなたの行動力は重要です。

連絡したい気持ちをカタチに変えてみて下さいね。

 
スポンサーリンク

印象を残す方法

連絡したい気持ちを我慢しすぎるのも、気を付けなければならない問題です。

久しぶりに連絡が取れた時に、気持ちが高ぶって期待が大きくなっている状態ですと、

彼の言葉の意味を深く読みすぎてしまったり、会話が続かなかった場合落ち込んでしまうこともあるでしょう。

我慢のしすぎも要注意。

連絡したい気持ちが高まった時は、彼に何気ないメールを送ってみませんか?

普段連絡をしないあなたからのメールに、彼も【めずらしいなぁ】と感じてくれるはず。

印象付けるいいチャンスですよね。「〇〇くんのこと思い出したんだ」

こんな風に伝えてみてはいかがでしょうか?

難しい言葉を探したり、気持ちを隠そうとすることは返って空回りになってしまいます。

素直でストレートな言葉を伝えてみるのも、彼の心にあなたを残す方法ですよ。

連絡したいけどできない理由は様々だとは思いますが、好きだからこそ考え過ぎてしまい、

ネガティブに捉えている場合もあるかもしれません。

恋のチャンスは自分で掴みにいきましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

好きな人への連絡って緊張してしまいますよね。

メールを一通送るにも、何時間も考えてしまったり・・・。

自分がどう思われているか、不安で仕方がないこともあるでしょう。

考え過ぎて悲観的になる前に、とにかく何でもいいから送ってみることです。

恋を動かすためには、ちょっとの勇気と積極性は欠かせません。

相手の言葉に一喜一憂してしまうかもしれませんが、これこそ恋の駆け引き。

前向きさも忘れないでいて下さいね。
 
 



あなたへのオススメ