Close

愛おしい【ペット】との別れ。乗り越えられるように・・・。

辛く悲しいあの日のこと。

忘れたくない。忘れられない・・・。

大切すぎるあの子と過ごした、幸せな日々。

あなたもきっと覚えているでしょう?

愛おしいペットとの別れ。乗り越えられるように・・・。

幸せな時間と共に

当たり前のようにそこにいて、当たり前のようにそばにいてくれたあの子のことを、

思い出すだけで今もこんなに胸が苦しくなってしまう。

可愛かったな。良い子だったな。

言葉にするたび胸が痛む。

もうそこにはいない現実に、眩暈を起こしそうになってしまうから。

ありふれた日常ほど愛おしいものはないということを、別れのたびに突き付けられてしまう。

考えても考えても、見つからない答え。

どうして、命の終わりはこんなにも悲しいのだろう・・・。

サヨナラの準備なんて絶対にできる訳がない。そう思うから。

大切なペットとの別れ。

当たり前という幸福を見失いながら、日々を過ごしている自分を同時に知った。

当たり前なんて何もないんだ・・・。

最高に幸せだった毎日は、今も消えることはない。

どんなに嘘みたいに最低な一日だろうと、あの子の顔を見れば吹き飛んで、

明日を乗り越える力をもらったこと。

眩しいほどの夕焼けに染まる毛並みを撫でて、温かくなる体温に、

幸せ以外の言葉は見つからなかった。

 
スポンサーリンク

命のメッセージ

友達で親友で、そして家族で。

自分の子供のように愛していた、ペットのこと。

あなたの思い浮かぶその子は、どんな子でしたか?

可愛くて優しくて、小さくて柔らかくて・・・。

それでも強く気高いあの子のことを、忘れた日は一度もなくて、

今だってそばにいてくれるような気がしてしまう。

愛おしいペットとの別れ。

あなたは経験したことがありますか?

小さな寝息に耳を澄ませて、可愛い寝顔を見つめているとき。

ふと襲う、深い悲しみ。

いつか来る別れに怯えてしまうときが、なかったかと言えば嘘になる。

いつか離れる日が来ることを、頭の隅にしまい込んで過ごした年月。

どうしようもなく最悪で、どうしようもなくつまらない現実も、

あの子がいれば眩しいほどに輝いて、心細い夜も笑顔を取り戻すことができたこと。

今も忘れないよ・・・。

「ありがとう」と祈るように今日も前を向く。明日になればまた私は年を取るから。

あの子が教えてくれた命のメッセージ。

しっかりと受け止めて、今を大切に生きて行こうと誓ったんだ。

 

強く優しく生きるために

目を閉じて布団に潜る。

「おやすみ」その一言を呟く癖は、今だって変わらない。

分かっている。分かっているのに。

今も会いたくてたまらない日が、やって来てしまうから。

静かに願うように、思い出を辿る。

もう一度会えるように。夢でいいから会えるように。

ささやか期待を胸に抱いて、眠りにつく毎日のこと。

あの子のいない今に、あなたは何を想うでしょうか?

最愛のペットとの別れ。

今でも忘れることができないあの日のことは、きっと私の命の終わりまで、

覚えていると思うんだ・・・。

いまさらみたいな後悔に埋もれてしまうときもあるけれど、

心が通じたあの瞬間を想えば、どうしようもなく溢れ返る感謝。

特別すぎる、人生のパートナー。

夜空を見上げてはあの子を思い出し、季節の訪れにもあの子を思い返す。

そんな日々の繰り返しでも、乗り越えなくちゃいけない。

明日を生きる私だから・・・。

あの子が教えてくれたことを胸に、強く優しく生きていくこと。

それが、今の私ができることなのかもしれない。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?愛おしいペットとの別れ。

辛く悲しいあの日のことは、今もしっかりと覚えている。

忘れたくない。忘れられない・・・。

大切すぎるあの子と過ごした、幸せな日々。

前を向いて歩いて行きましょう。

今を生きるあなたの、心の支えに変えることができるように。

優しく温かな命。

特別すぎるパートナーとの出会いは奇跡でしかないはずだから。
 
 

YCC


あなたへのオススメ