あなたは大丈夫?【おじさん女子】化に要注意!

最近私、だらしない・・・?彼も少し呆れ気味。

確かにちょっと太った気がする。

おしゃれもしてないし、メイクもちょっとサボリ気味。

もう随分、「可愛い」って言われていないかも・・・。

もしかして、おじさん女子になってはいませんか?

前を向いて、今立ち上がりましょう。

おじさん女子から抜け出す方法をご紹介します。

女子力と自分への甘さ

「私って女子力低いんだよね~」

こんなことを言う女性。あなたの周りにはいませんか?

女子力低い宣言は、かえって疎ましがられることが多いもの。

周りとは違う。私は女子っぽくないから・・・。

わざわざ言葉にしてしまうのは、少し嫌味に取られてしまうかもしれません。

自分を卑下しているようで、「女子力」という言葉に過敏に反応している証。

自称サバサバ系女子で、オトコっぽい性格・・・。

「私っておじさんぽくない~?笑」

あまりにもガサツな振る舞いは、度を超えてしまえばただの下品に見えてしまいます。

女子力が低いと宣言しても、気の抜きすぎには注意が必要です。

「私モテないし、モテることに興味ないし・・・」

自分に甘えている人は、魅力的には見えないもの。

考え方は自由ですが、周りの人に対しての振る舞いは見つめ直す必要があるかもしれません。

おじさん女子にならないために

恥じらいの気持ちを失うと、どうしてもおじさん女子に近付いてしまいます。

せっかく彼と一緒にいるのに、スッピンでどこにでも出掛けるようになってしまったり、

ずっと部屋着で過ごすようになってしまったり・・・。

居心地の良い関係は素敵なものですが、

女性としてのトキメキときめきを感じられる彼女は、やはり魅力的に映るものです。

だらしなさを感じてしまうと、新しい刺激を求めてしまう男性もいますよね。

いつまでも可愛い彼女でいるための努力を、感じられるかどうなのか・・・。

そこが、おじさん女子にならないための重要なポイントになるのかもしれません。

 
スポンサーリンク

リラックスと「だらしない」

おじさん女子から抜け出すために、ファッションの見直しから始めてみましょう。

ダボっとしたスタイルが分からない服装は、できるだけ避けること。

気を引き締めるためにも、スタイルが見えるピッタリとしたデザインのものを選ぶのがおすすめです。

女性らしさを感じられるスカートやワンピース。

気分が上がるファッションにチェンジしてみましょう。

ダラダラしやすい服装は、おじさん女子になりやすくなってしまうのです。

ファッションを意識するだけで、仕事や家事もテキパキと熟すことができるはず。

「私ってよくおじさんぽいって言われるんだよね~」

そんなセリフもきっと、出なくなるでしょう。

リラックスとだらしないは、大きく異なるものです。

前を向いて、今立ち上がりましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

おじさん女子になりたくない・・・。

そんな時は、生活スタイルの見直しを行なってみて下さいね。

女子力低い宣言は自分に甘くなってしまいます。

まずは前向きに。今を楽しむ気持ちが大切です。
 
 



あなたへのオススメ