忘れたい過去もある。【思い出】と向き合う時間

あの頃の私は何が大切なのかよく分かっていなかった。

嫌い。ダサい。そんなの好きなの?

そう言われたらすぐに自信を見失って、好きと言うことも簡単に恥ずかしくなる。

今になれば分かるのに。何にも気にすることないのにさ。

仕事とか結婚とか、そんな話になると決まって、

「私たちも大人になったね」と言う人が言うけれど、

本当にあなたもそう思う?

サヨナラも言わずに

懐かしい名前。最後まで好きになれなかったその名前が、

何の前触れもなく浮かび上がるSNS。

目には見えない繋がりを問いただされているみたいで、

何となく不気味に感じているくせに、私はバツを選ばずにマルを選んでしまう。

思い出を覗くのは少し怖いのに。

答えが見つからないまま、いつのまにか離れた人のSNS。

当時の肩書きはそれぞれあって、友達とか仲間とかメンバーとか、

似通ったその中に何年か前は私もいたんだね。

好きな人もいたけれど、嫌いな人が多かった。

名前を見るまでは思い出すこともなくて、すっかり忘れていた過去なのに、

色んなことを思い出して悲しくなった。

サヨナラも言わないまま、思い出にした人があなたにはいませんか?

居心地の悪さを感じながらも、そこに馴染もうと必死に笑っていた昔の私。

友達の友達。彼の友達。あの人は一体誰だったんだろう・・・。

難しいことは考えないようにして、とにかく居場所を見つなくちゃならなくて必死だった。

もう十分に大人になった今だから、やっと思い出になったけれど、

辛いことも多かった。
 
スポンサーリンク

ヒリヒリと痛む心とあの日

過去と向き合うと、昔の私じゃ辿り着かなかった答えが見えてくる。

思い出したくないあの日のことと、忘れたくない次の日のこと。

あなたは今、覗き見ることができますか?

今より色々なことを知らなくて、おまけに歳も若かったけれど、

それでも知らないなりに何とかやって来れたから、あなたも私も今がある。

あの頃は本当に悩みが絶えなくて、毎日のように泣いていたけれど、

今思えばタフだなぁと笑うこともできるようになった。

どうしようもなく不器用で仕方なくて、

紙で指を切ってしまったときに似た痛みを、いつも心に感じていたこと。

ヒリヒリとした感覚を、あなたは今も覚えていますか?

初めての場所で初めて出会う人。

初めてできた恋人にも随分振り回されてしまったな。

この気持ちはどこにもいかない。

大人になった今でさえ、思い出に変わらない曖昧なところに張り付いている。大事なもの。

思い出と向き合うことは、多くの気付きに出会うことができる、

あなただけの大切な時間なのかもしれません。

 

大人になったね

仕事とか結婚とか、そんな話になると決まって、

「私たちも大人になったね」と言う人が言うけれど、

一人で昔の居場所を検索しているときの方がよっぽど、大人になったと痛感してしまう。

だってそこにはもう私はいないから。

あの頃の私に何も言いたいことはないけれど、ぜんぶ受け止められたらいいなとは思うときがある。

大嫌いだったあの人と、本当は好きだったあの人のこと。

恥ずかしさも悔しさも、消してしまいたいことも、

いつか笑えるものに変わったら、きっと少しだけまた大人になれる気がしている。

原点と言ったら大げさだけど、たまには自分の過去を思い返してみるのも悪くない。

そう思いませんか?

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

懐かしいのに、少しだけ胸の奥の方が痛くなる過去が、

あなたにもありますか?

少しだけ覗き込んでみると、後悔や痛みを感じる前に、

あのとき見えなかったものが、今なら見きっと見えるかもしれません。

大切にしたい思い出に触れて欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ