あなたは気付いていますか?人間関係に【疲れやすい】その理由。

ノリが悪い?分かり合えない?

変わっているとまで言われてしまうとき、どうしても孤独を感じてしまうから。

だけど・・・。

私にはできないことがあるし、譲れないものがある。

人間関係に疲れやすいアナタヘ。

「付き合い」に悩むとき

難しいことは抜きにしてなんて、そんなことを言われても困ってしまうこと、

きっと分かっているでしょう?

気持ちを確認されるように、覗かれた瞳の奥。

秘密の共有を強いられているようで、居心地が悪かった。

甲高い笑い声は耳に響いて、思わず下を向いてしまったけれど、

きっとそれじゃ舐められてしまうだけなんだろう。

大切だと思えない人と、過ごさなければいけない時間があなたにもきっとあるでしょう?

ここにはいない誰かの噂話に、背筋が凍りそうになるほどひんやりとしているから、

さっきから色々事に気が付かにないようにと、そればかりを気にしている。

「付き合い」

都合よく名付けられたその集まりに、向かわなければならない時の足取りほど、

重いものはない。

話をすることが苦手だし、話を聞くことさえも苦手だと思ってしまうのは、

受け取るものが多すぎるからだと、自分でも分かっている。

疲れを感じてしまう人間関係が、あなたにはありませんか?

「ねぇ、どう思う?」

みんなの視線が一瞬にして集まって、息苦しい。

だってその質問、意地悪で言っているんでしょう・・・?

そんなこと言いたくたって言えるわけないのだから、祈るように唱えている「早く終わればいいな」

傷付いた表情を見せてしまえば、耳を覆う聞笑い声。

自分の居場所が見つからないこの空間で、たった一つ頼りなのが、

記憶の中の大切な人。

自分らしくいることができるあの場所を考えて、目を閉じた。

 
スポンサーリンク

譲れないものがあるから

適当に合わせて、適当に相槌打って、

愛想笑いを浮かべながら、ヘラヘラすることで傷付かなくて済むのかもしれない。

そんなことを考えてしまうときも、正直ある。

ノリが悪い?分かり合えない?

変わっているとまで言われてしまうとき、どうしても孤独を感じてしまうから。

だけど・・・。

私にはできない。私はそんなことしたくはないんだ。

「適当」に切り替えられるほど、簡単なことじゃない。そこはどうしても譲れない。

自分に嘘をついてまで、共感をして共有をする必要はありません。

そうまでして守りたい関係性じゃないのだから・・・。

自分に自信を持って欲しいと思います。

前を見据えて、冷静に今を見つめようとするあなたは、

本当に立派だと私は思うから。

握った拳は震えてしまうし、立ちすむたびに見失いそうになる自分の居場所を、

守り続けることは想像以上に大変なことでしょう。

それでも流されてしまうほど弱くはない自分自身を、誇りを感じて欲しいと思います。

共有を望まれて、共感を求められてしまう「付き合い」なんて、

違和感を覚えて当たり前なこと。

あなたが今感じているその戸惑いを、しっかりと見つめて欲しいと思います。

一人になれない人は、誰かを敵対し仲間をつくる。

仲間をつくるために用意された、半ば言い訳のようなその敵対心は、

見ていて耐え難いものです。

心無い言葉を陰でコソコソと分かち合う繋がりなんて、どうしようもなく薄っぺらな悲しい絆。

あなたが誠実な人だからこそ、人間関係に疲れを感じやすいのかもしれません。

 

今を変える大きな一歩

職場でのグループ関係。女同士の友情に嫁姑の関係だって、

どちらかが穏やかだと感じることができないのなら、きっとそれが答えなのでしょう。

人間関係に疲れを感じやすいのは、違和感の消えることがない関わりだから・・・。

あなたもそう思いませんか?

今のはたまたまで、今のはきっと偶然で・・・。

そんな風に思うことができないのは、繰り返される悪意がきっとそこにはあるからで。

いつだって付きまとう、人間関係への「疲れ」の二文字。

知っているし分かっている。だけど立ち向かうことの意味を考えて、そっと耐えてしまう今に、

あなたは何を想うでしょうか?

人間関係に振り回されてしまうときほど、感じてしまう孤独。

落ち込むほどに襲い掛かるその疲れは、あなたの心のヘルプとして受け取ってみてはいかがでしょうか?

とにかく休むこと。そして違和感の消えないこの繋がりを、しっかりと見つめ直すこと。

手放す選択も時には必要かもしれませんし、今までの以上に距離感が必要になる場合もあるでしょう。

巻き込まれてしまうくらいなら離れてしまう、その選択が、

今を変える大きな一歩に繋がると私は信じています。

もちろん様々な事情があるとは思います。

一筋縄に決着をつけることができない人と人との繋がり。

だからこそ、心の中で線引きをしっかりと行なうこと。

自分を守ることができる境界線のようなものを、見つけてみてはいかかがでしょうか?

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

人間関係に疲れやすいそんな自分に、さらに疲れを重ねてしまってはいないでしょうか?

適当に切り替えられるほど、簡単なことじゃない人間関係の中で、

譲れないものがあるということに、自信を持って欲しいと思います。

共有を望まれて、共感を求められてしまう付き合いは、

違和感を覚えて当たり前なものだから・・・。

消えない戸惑いは、しっかりと受け止めましょう。

あなたが心から笑顔になれる場所。あなたの居場所はそこにある。

穏やかになれないこの空間で、守るべきものを守り抜いて欲しいと思います。

あなたにはあなたの大切な人たちがいて、愛すべき繋がりがあるのだから。
 
 



あなたへのオススメ