Close

年々減っていく【年賀状】あなたは今も出していますか?

子供の頃は、ワクワクするイベントのような存在だったのに、

大人になるにつれて感じるものが変わっていった、年賀状の役割。

ちょっぴりめんどくさいけど、懐かしい優しさに触れることもある、

不思議な手紙のような存在ですよね。

年賀状あなたは今も出していますか?

年賀状と今の私

あなたは今年、年賀状を出しましたか?

便利になったSNS。

新年の挨拶をインターネットを利用して、行なう人も増えたでしょう。

子供の頃は何十枚と書いていた年賀状も、大人になった今では両手で足りるほどになり、

人付き合いの仕方が変化してきたように思います。

そこまで親しいわけじゃない知人には、SNSで充分な気がしますし、

そもそも年賀状を出すことで、相手に気を遣わせてしまうのではないかと、

不安さえ感じてしまいます。

子供の頃からの友人であれば、住所を知っている場合も多いかもしれませんが、

社会に出てから出会った友人たちに、わざわざ住所を聞くという機会がないのも現実です。

年齢を重ねるたびに、新しい名前が宛先に増えていく年賀状。

あなたはどのようなイメージを抱いているでしょうか?

仕事での付き合いや、結婚による新しい親戚とのやり取りは、

子供の頃感じていた、楽しいイベントのような印象とは、異なるものになってしまったように私自身は感じています。

 
スポンサーリンク

これからどうする?

年賀状を出さなくなった、書かなくなった。

では手紙はどうでしょうか?

バースデーカードや、クリスマスカードなんかはどうでしょうか?

スマートフォンがどんどん便利になっていく中、ペンを握る機会というのは、

なかなかありませんよね。

私自身、何をするにもインターネットを利用するので、

改まって字を書くこともなく、たまにそのよう場面に遭遇してしまうと、

上手く書けない自分にギョッとしてしまいます。

同時にしばらくぶり書く漢字が思い出せず、そんなときさえも便利なスマートフォンを駆使し、

漢字を調べてしまうという、インターネットに頼りっぱなしの日々を過ごしているのかもしれません。

年賀状も同様で、SNSを利用したり印刷という便利な機能を使ってしまえば、

書くという手間がきっと省けるでしょう。

それでも一年に一度の挨拶。年賀状を受け取るのが自分だと考えると、

どんなに不格好な字だとしても、相手が自分を想いペンを握ってくれたことに、

感謝の気持ちが溢れるのは間違いありません。

年賀状に限らず、先ほどの述べたように手紙やカードも同じです。

たまには便利さを乗り越えて、時間を掛け手間を掛けてでも、

想いを届ける機会を作ってみてはいかがでしょうか?

 

めんどくさいけど愛おしい

まれにこちらの現状を聞くこともなく、本当に一方的なただの報告だけの年賀状もありますよね。

写真だけが強調された、何だか心がざわざわとする文面に、

嫌な思いをしたことはありませんか?

一年に一度、新年だけのやり取りとは言っても、

嫌いな人や苦手な人から届いてしまえば、年明けから気分も落ち込んでしまうから、

ちょっぴりめんどくさいところもある、年賀状の存在。

あなたはどう思いますか・・・?

それでも古くからの友人や、今は離れた場所にいる親しい人の、

今を知る機会にも繋がる大切なものだから。

これからも続けていきたいと、私は思ってしまうのです。

久しぶりに見る懐かしい字。元気にしていることを聞くと、嬉しくなる大事な人。

あなたにもきっといるでしょう?

思いやりを感じる温かい文面に、変わらない相手の優しさに触れることもできる年賀状は、

人と人を繋ぐ特別な手紙のような存在なのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

一年に一度の新年の挨拶、年賀状。

あなたは今も続けていますか?

子供の頃は、ワクワクするイベントのような存在だったのに、

大人になるにつれて感じるものが変わっていった、年賀状の役割。

ちょっぴりめんどくさいけど、優しい気持ちになれることもある、

特別な新年のやり取りは、あなたに何を届けてくれるでしょうか?

大切な人への想いを文字にして送ること。

その意味を、改めて見つめて欲しいと思います。
 
 

Lovesearch


あなたへのオススメ