暗すぎでしょ…。【ネガティブ】すぎる友達にありがちなこと

暗く重たい発言に、こちらまでどんよりしてしまう。

ネガティブ発言が多い友達、あなたの周りにはいませんか?

せっかく楽しみにしていた事も、彼女の発言でテンションは急降下。

感情が態度に出やすい相手に、もうウンザリ・・・。

そんなネガティブな友達の特徴と対処法をご紹介します。

明るい話題を嫌う

楽しく会話をしていても、すぐに暗い雰囲気にしてしまうネガティブ発言の多い友達。

人の幸せを素直に喜べない、嫉妬心の強さが見て取れます。

自信のなさが影響しているのかもしれませんが、明るい話題がタブーなのはちょっと厄介ですよね。

暗い方暗い方に物事を考える傾向があるため、基本的に人の話に共感できない特徴があるのかもしれません。

誰しも、心から他人の幸せを祝福できない時はあるものです。

女性は特に、結婚や出産など。

人それぞれだと分かっていても比較をしてしまい、複雑な心境を感じるのは仕方のないことです。

それでも相手を思いやり、態度に出さないようにするものですが、

ネガティブな友達はそんなことは一切考えてはいないのです。

あからさまに口数が少なくなり、不機嫌な振る舞いをされたことはありませんか?

気を遣いすぎて疲れてしまうネガティブな友達は、どうしても距離を取りたくなってしまいますよね。
 
スポンサーリンク

今更言われても

突然不機嫌になり、当たられたなんていう経験はありませんか?

ただの気分屋かと思うかもしれませんが、実はこれも彼女のネガティブさが発動した証。

楽しく過ごした後に、疲れがやってくるのは皆同じですよね。

「たくさん歩いたねー♪今日楽しかったね!」

一日を振り返る会話の最中に、急に反応が薄くなるネカティブな友達。

疲れたのかな・・・?

そんなことを考えていると、突然ネガティブ攻撃が始まります。

「あの店は混みすぎでしょ。疲れちゃった・・・」

「本当はこうしたかったのになぁ・・・」

そう、内容は今日不満に感じたことなのです。

疲れたら当たるというスタイルも、ネガティブな女性に共通していることかもしれません。

後からグチグチ言われるのは、本当に嫌な気持ちになりますよね。

こちらも反応に困ってしまうネガティブな友達。

振り回されてしまう。

そう感じた時は次の約束はしないことです。

あなたの優しさに甘えているからこそ、ネガティブでいられるのですから。

 

とにかく会わない

ネガティブな友達は、ポジティブになろうとは絶対にしません。

ネガティブな自分を、居心地良く感じている場合もあるのでしょう。

いわゆるかまってちゃんであり、手が掛かる女と言えるはず。

彼女の不幸話には、どうしても自慢のようなものを感じてしまいます。

友達に思いやりを持たずに、ネガティブな発言をぶつけるということ。

楽しい気持ちを台無しにする行為は、デリカシーのなさを感じずにはいられません。

自分のことが嫌いな割に、自己中心的な考え方をしているため友達が離れてしまうのです。

それに気が付けないということが問題なのでしょう。

無理をして約束をつくらないこと。

とにかく会わないようにすることが、一番の対処法になるかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

楽しい話ができない友達は、付き合うことに疲れてしまうはず。

ネガティブな発言しかできない友達に、振り回されてしまわないように・・・。

ぜひ以上のことを参考にして欲しいと思います。

メールやLINEは、短文ですぐに終わらせること。

忙しくて話が聞けないスタイルを定着させて、とにかく遊ぶ約束をしないということです。

ネガティブな友達との距離は、少し遠いくらいが丁度いいかもしれません。
 
 



あなたへのオススメ