まだその話したい…?何でも【比べる】友達のこと。

もっと笑顔になれる会話がしたいのに、バチバチと感じる彼女のライバル心に、

言いたいことも言えなくなってしまう・・・。

不安を煽られながらされる、デリカシーのない質問。

何でも比べる友達に悩んではいませんか?

まだその話したい?

もっと楽しい話がしたい。

もっとくだらないことでいいから、笑顔になれる会話がしたいのに・・・。

何も言い出せないまま、今日も彼女とのおしゃべりが終わる。

聞かれた質問を何度も頭の中で思い出して、上手く答えられたか不安にもなった。

何でも比べる友達が、あなたにはいませんか?

彼女の知りたいことは、決まって人にはあまり話したくないと思うようなことばかりで、

いつもどうしようもない緊張が走ってしまう。

結婚とか出産とか、おまけに貯金額まで及ぶから正直恐ろしい。

仲の良い友達同士なら、このような話題が出ることは確かにあるけれど、

答えたくないことは答えないという選択もできるし、

悩んでいる状況に共感し合うだけで、会話は終わるから励まされることもある。

けれど彼女との会話にはそれが許されないから・・・。

「いつ?」と聞かれて「まだ予定はない」と答えれば、

どうしようもない説教が始まるのが、いつものパターン。

妊娠の予定まで踏み込んできては、勝手に上から目線のしつこいアドバイスをして、

満足げな表情を浮かべる何でも比べる友達。

そうやって自分自身を肯定しているのかもしれません。

 
スポンサーリンク

彼女の幸せの物差し

デリカシーのない質問。

思いやりのない会話。

不安を煽るような話し方に、友達という関係性を疑問を感じることもあるでしょう。

「大丈夫なの!?」

「もう○○歳なんだから。早く決めないと!」

どうしてそこまで人の人生に踏み込んできてしまうのか、考えたことはありますか?

結局は人と自分を比べることで、安心感を得たいだけ。

彼女の中にある偏った物差しを使って、幸せをはかっているのでしょう。

結婚や出産。マイホームなどへの強い憧れ。

彼女の執着している「女の幸せ」とやらが、きっと幸せをはかる対象になるものだから・・・。

いつもつまらない偏った話が多いのは、そのせいかもしれません。

現実的な話が多く友達として付き合っていくには、重く感じてしまう何でも比べる友達。

めんどくさいですよね。

何かひとつでも自分が負けていると感じてしまえば、分かりやすく不機嫌になってしまう。

自分と異なる価値観に対して物凄く過敏なため、こちらの緊張感はいつまでも消えないのでしょう。

 

怯える心

自分の方がいつも有利であるということ。

自分の方がいつも幸せな状況にあるということ。

それが何でも比べる友達の理想の状態なのかもしれません。

優越感を感じて、上から目線でアドバイスを送りながら、

結局は不安を煽ることを楽しんでいるだけなんて・・・。

幸せとは、到底呼べるものではありませんよね。

誰かと比べてしまうことは、誰しも一度はあることでしょう。

比べたくないのに比べてしまう。

きっとこのような感情を抱えながら、苦しい時間を過ごしていたのではないでしょうか?

しかし彼女は、自ら飛び込んでいく・・・。

常に友達と向き合う中で、幸せの尺度ばかりを気にしていれば、

いつかひとりぼっちになってしまうのは、目に見えていることです。

そんな付き合いづらさを感じる、何でも比べる友達。

ストレスが蓄積するだけの関係は、違和感ばかりが残ってしまうはず。

何を話したか気になって、どんな受け答えをしたか不安になってしまうのも、

心のどこで嫌なことを言われないか、怯えているからではありませんか?

 

最後に

何でも比べる友達に悩んではいませんか?

もっと笑顔になれる会話がしたいのに、バチバチと感じる彼女のライバル心に、

言いたいことも言えなくなってしまう・・・。

そんなときは、笑い飛ばしてみませんか?

デリカシーのない質問には「考えてるけど、まだ分からないかなぁ~!」

不安を煽られたときは「え!そうなんだ知らなかった~!」

なんて笑いながら答えてしまうことです。

本気にならないこと。真面目に受け答えする必要もありませんから、

適当に受け流して、違う話題を振ってみるのもいいですよね。

あなた自身がポジティブでいることが、彼女にはきっと一番効果的なはずだから。

心の余裕を守りながら、自分を大切にして欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ