ダメだと分かってるのに…。好きな人を【困らせてしまう】私の本音。

聞く、聞かない。言う、言わない。

どうしようもなく繰り返して、のみ込んでしまう謝罪の言葉。

こんなに好きなのに、こんなにも大切なのに。

呆れるほどのワガママを、乱暴にぶつけてしまったこと。

どうしたらいい?どうすればいい・・・?

手遅れな気がして、溢れ返る不安に情けなくなる。

好きな人を困らせてしまうときに。

感情の風船

もしも私が彼だったら、きっとすごく面倒な人間と付き合ってしまったと、

深い後悔に頭を抱えてしまいたくなると、純粋に思う。

こんなことしたって、何も変わらないのに。

こんなこと続けたって、幸せにはなれないのに・・・。

分かっているくせに、気付いているくせにやめられない、

好きな人を困らせてしまう毎日を、あなたも過ごしていませんか?

「そんなこと?」 「いつのこと?」

きっと彼はこんなことを言って、目を丸くして私を見るに決まっている。

それほどちょっとしたヤキモチに、ちょっとした不安さえも、

いつの間にか自分の中で、消化しきれなくなってしまったから・・・。

都合の言い訳はいくらでも用意することができる、悪い私。

心の中に溢れ返る感情が詰まった風船は、いくつも何度も膨れ上がるから、

息苦しくなってしまうんだ。

だからこそここぞというときに、ひとつひとつに針を刺してぶちまける。

弱々しく敗れた風船が足元を覆う頃には、身動きも取れなくなってしまうのに。

悲しみも怒りも、そのすべても。

受け止めて欲しい大好きな人。

疲れきった表情を目の当たりにして初めて、心のどこかで冷静さが顔を出すあの瞬間。

ここに来るまでの足取りを、そっと振り返ってどうしようもない後悔に溺れてしまうくせに。

 
スポンサーリンク

困らせたくないのに困らせたい?

「嫌われてしまったかもしれない」心が震えるたびに、想いが揺れる。

こんなに好きなのに、こんなにも大切なのに。

呆れるほどのワガママを、乱暴にぶつけてしまったこと。

大袈裟に泣き喚いて、大袈裟に捲し立てて。

・・・今さらなんて言えばいい?

ありきたりで恥ずかしくなる悲しすぎる不安は、最悪の状況を想像させる。

「もう手遅れかもしれない」 「フラれてしまうかもしれない」

俯いた瞬間に零れ落ちた涙の滴。

ボタボタと音を立てて、私の今をどうしようもないものに変えてしまう。

それなのに・・・。幾度も繰り返してしまう呆れるほどのワガママ。

あなたも気付いているでしょう?

自分自身の本当の気持ちに。あなたの心の声に。

困らせたくないけれど、どこかで思っている困らせたい。

その現実を受け止めるためには、自分自身と向き合う時間が必要なのかもしれないけれど、

冷静になればなるほど行き場のない感情が押し寄せてきて、辛くなってしまう。

あなたの想いを見つめて欲しいと思います。

本当は気付いて欲しいだけ。構って欲しいだけ。

いつでも考えていて欲しいだけだという、あなたの想いを。

素直になれないから、ひっくり返してぶつけてしまう愛情に、

手を差し伸べて・・・。

 

込められた愛

好きな人に嫌われてしまったのではないかと、思い悩むあの時間ほど苦しい時間はない。

あなたもそう、思いませんか?

聞く、聞かない。言う、言わない。

どうしようもなく繰り返して、のみ込んでしまう謝罪の言葉。

すれ違う今を認めてしまうことが怖いから、なかったことにしようとして、

それでもなかったことになんて、できないことも分かっているのに・・・。

焦りと不安が入り混じる、飲みすぎてしまいそうな夜も、

一人きりで越えなければいけないのは、自分のせいだと気付いているから。

深い溜め息が耳に届くたび、真っ暗になる私の心に、

たったひとつ揺るがない答えが浮かび上がる。

本音を伝えてみませんか?

心を彷徨っている真実に、まっすぐに向き合うタイミング。

あなたの本当の気持ちを、好きな人へ届けるときなのではないでしょうか?

困らせたくないけど困らせたい。

その事実はとても愛おしいものだけど、感情としては押しつけがましいものだということに、

あなたも気付いているはずだから。

素直になるということは、心の中をそっと見せること。

あなたの想いを言葉に変えることで、新しい関係を築くきっかけが生まれるかもしれません。

恋をしていれば、つまずいてしまうときもあるでしょう。

だってそれほどに好きなのだから。

頭でどんなに理解をしていても、心が追い付かないときもある。

けれどだからと言って感情に任せて、相手を傷付けてしまうのはとても悲しいことです。

今を変えるために勇気を出しましょう。

大切な人を困らせたいときは、困らせたいその感情に込められた愛を、

しっかりと伝えて欲しいと思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

本当はただ見つめていて欲しいだけなのに、裏返してしまう愛情。

好きな人を困らせてしまう毎日を、あなたも過ごしていませんか?

焦りと不安が入り混じる、飲みすぎてしまいそうな夜も、

一人きりで越えなければいけないのは、自分のせいだと気付いているからで・・・。

本当の気持ちに気が付いているのなら、前を向く決意を固めて欲しいと思います。

想いを言葉に変えて届けることで、きっと新しい選択肢が見つかるはずだから。

今を信じること。そして大好きな彼を、大切にできること。

幸せな未来に向かって、まっすぐに歩いて行けるように・・・。
 
 



あなたへのオススメ