ひとりぼっち…。【孤独】が寂しい。その辛さを少しでも癒すために – DayDreamer
Close

ひとりぼっち…。【孤独】が寂しい。その辛さを少しでも癒すために

一応仕事もあって、家族もいる。

それほど仲が良いわけじゃなくて、多少問題もある。でも何とかこれまでやってきた。

 

私は「おひとりさま」

一人が気楽だから、そう思って生きてきたし、複雑な人間関係にはもうヘトヘト。

 

でも

このどうしようもない孤独がつらい。寂しくて涙が溢れる夜がある。

何かに縋りたくてもがいて、お金を使ってみたり、美味しいものを食べてみたり、色々と試してはみるけど、この先の将来の不安は簡単には消えていかない。

そんなあなたへ。孤独について考えてみましょう。

 

孤独とは

孤独は、社会や他人など、自分以外の存在との”繋がりがない”状態の時に感じる心理状態です。

自分の外側とのコミュニケーションが極端に不足した場合には、それ以前の状態との差を比較することにより、自己肯定感の低下や、不安感、虚無感、恐怖が訪れます。

 

以前あったはずの満ち足りた気持ちが失われてしまった時に、人は初めて孤独感を感じるのです。これはある種の防衛本能でもあり、もっとコミニュケーションを取りましょう。寂しいですよ。と心が訴えてきてる状態でもあります。

 

世の中の声

テレビや雑誌、SNSやニュースサイトなどでは「ひとりぼっちはよくない」ことのように明るくポジティブな話題を配信し、あたかも孤独は悪いことのように表現しようとする風潮を感じていますか?

もしそうだとしたら、それは余計にあなた自身の不安を煽ってしまっているのかもしれません。

あまりにもそれで怖くなってしまうようでしたら、一度インターネットやテレビなどの情報を遮断し、静かに自分の心に向き合ってみる時間も必要かもしれませんね。

 

理解者

あなたの本当の気持ちを理解してくれる家族や友達、恋人はいますか?

 

もし人に恵まれるような生活をしていても、強い孤独を感じるような場合は、感情の共有ができていないのかもしれません。

感情の共有とは、あなたが感じているネガティブな気持ちを口に出して、誰かにそれを認めてもらうことです。

人間は感情を吐き出し、それを共有することにより、ストレスレベルが下がり、リラックスすると言われています。

 

例えば男性は一般的にコミュニケーションが女性より苦手で、感情を言葉にすることに長けていないため、怒りは悲しみは直接的な行動になって表れます。感情をコントロールすることが難しいので、長い間塞ぎ込んでしまったり、イライラした状態が長時間続いたりします。

逆に女性の場合は、誰かとお喋りすることが大好きで、負の感情を誰かれ構わず会話に変換することで自らのストレスを調整し、感情をコントロールすることが上手なのです。

ジェットコースターに乗った時の怖い気持ちをキャーっと叫ぶことによりストレスを緩和したり、思いっきり泣くことでスッキリしたりすることが自然にできるのです。男性はそうはいきません。常に我慢して抑制してしまう傾向にあるのです。

 

ですから、もし強い孤独を感じるようなら、できればその気持ちに寄り添ってくれる人に自分のことを話してみてはいかがでしょうか?

または、誰かの同じような話に耳を傾けてみるだけであなたの感情にも影響があります。

 

物理的な不安

人間が孤独感を感じる一つの要素として、物理=お金の不安があります。

某アメリカの大学によるところ、幸福度とお金にはある程度までは比例していたり、子供の年収は親の年収に比例していることが研究の結果で明らかになっています。

また、社会人(特に男性に多いのですが)がうつ病になってしまう心の不安の一つとして、やはり物理的な不安、お金や借金などの悩みが原因であることがわかっています。

※ある研究では、うつ病の患者に定期的に生活に足る金銭を受給したところ、ほとんどの患者のうつが改善されたとの報告もあります。

 

あなたはお金やそれにまつわる問題、将来の生活の不安などはないでしょうか?

もし少しでも怖い気持ちがあるようであれば、例えば毎月少しづつ貯金を初めてみるとか、将来に向けた投資を初めてみるなど、行動に移してみるといいかもしれません。

貯金であれば、毎月増えていく数字をみるのは満足感に繋がりますし、

言い方は悪いですが、お金に興味津々の人ってギラギラしてて力がみなぎっているような印象はありませんか?

 

お金とはそれほど強い力を与えるものなのです。

 

※もし、あまりにもその不安で体調が崩れて、日々生活する気力も失われていくようであれば専門のカウンセリングや心療内科を受診することをオススメします。

 

老化を感じる

若い頃に比べて体力がなくなった、病気が増えた。

または、お肌にツヤやハリがなくなって、老けたように感じる。

そんな外見の変化も孤独に拍車をかけることがあります。

 

またさらにその不安が悪循環となり、日々が惰性となってしまってケアも忘れてしまう。ダイエットも諦めて太っていく。

この繰り返しからはなかなか抜け出せない状態になってしまい、さらに自己嫌悪となって心が弱くなってしまいます。

 

できれば1つ目標や目的を作って行動することから初めてみましょう。

何も目的がないままでスタートするのは難しいですし続きませんから、なるべく無理なく続けられた先にあるゴールを設定して、少しづつその頑張りが感じられるようなことがいいでしょう。

 

そのメンタルを鍛えることも、孤独がつらいと感じてしまわないようにするための大事なチャレンジなのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

孤独を感じて寂しく辛くなってしまったあなたへ。

その原因と対処法についてご紹介してみました。

 

人生は、孤独に陥ってしまうと、暗い闇の中にいるような長い長い時間を過ごしてしまい、気づくと何年も経過して取り戻すことが難しい事態を引き起こしてしまうケースが多いかと思います。

 

それほど孤独感は心と体を蝕んでいきますから、行動はなるべく早めに、

環境は刻一刻と変化し、周りから置いて行かれてしまわないように、後悔をなるべく少なくできるようにしてください。

 

 

《飲むだけで痩せる!》
これはスゴイ!「太るのは”デブ菌”のせい?」


原材料(身体に優しい成分です)にもこだわってるから <美肌>にもいいんです!!
【WEB限定】今なら1ヶ月でたったの999円!!

あなたへのオススメ