【旦那の実家】に行きたくない…。どうやって乗り越える?

帰省シーズン。

義実家に行くことが、憂鬱で仕方がないお嫁さんはきっと多いでしょう。

気を遣う義実家。女性は家事などの手伝いを頼まれたりと、

慌ただしく過ぎてしまう帰省シーズン。

円満な関係がそこになければ、とても苦痛な時間を過ごすことになってしまいます。

あなたとお姑さんの関係はどうですか?

旦那の実家に行きたくないときに、参考にして頂けたら嬉しいです。

頑張りすぎないこと

嫁いびりの酷い義実家への帰省・・・。

辛いですよね。行きたくなくて当然。

まずはその気持ちを受け止めてあげましょう。

頑張ろうとしないこと。無理は禁物です。

大きな心のストレスは、体調を崩してしまうことにもつながります。

嫌なことを言われたり嫌なことをされたときも、義実家だからと言って我慢を続けないこと。

相手は嫁姑という立場を理由にして、ただ甘えているだけ。

教えることも伝えることもせずに、ただ嫌味をぶつけて傲慢に当たり散らすような姑を、

好きになる必要はありませんよ。

夫の母親だからこそ、複雑な気持ちを感じることになるかもしれませんが、

心の声に耳を傾けてあげましょう。

旦那の実家に行きたくない。姑が嫌い。

それでいいんです。無理をして我慢をして、頑張りすぎないことが大切です。
 
スポンサーリンク

早く帰るために

旦那の実家に行きたくない・・・。

それでも行かないという選択ができない状況にいる、お嫁さんも多いでしょう。

帰省シーズンは本当に辛い時間。少しでも早く過ぎて欲しいですよね。

おすすめは他に予定を入れてしまうこと。

義実家から向かわなければ行けない、早く帰らなければいけない次の用事を作ってしまうのです。

仕事。または外せない約束など。

協力が望めるのであれば、ご主人の予定があると伝えてしまいましょう。

「随分と忙しいのねぇ!?」

「どうして予定を入れるのよ!」

嫌味を言われるかもしれませんが、その場から離れることを第一に考えてみて下さい。

来たくない場所にあなたはちゃんとやって来たんです。

もうそれだけで充分ではありませんか?

心を守るためにも、どうすれば早く帰ることができるのか?

一度じっくりと考えて欲しいと思います。

 

手土産の悩み

行きたくない旦那の実家への帰省。

悩むのが手土産ですよね。何を渡しても文句を言う姑もいるでしょう。

「甘いわねぇ・・・」

「しょっぱいわねぇ・・・」

美味しいとかありがとうとか、聞いたことがない失礼な人。

そんな相手への手土産選びは、大きなストレスを感じる時間になってしまいます。

高価なものをねだったり、どこで買ったとか値段を気にする姑もいます。

全てを受け止めて必死に探し回ったところで、意地悪な姑は文句を言うでしょう。

手土産は定番なもの。凝る必要はありません。

ポピュラーなお店で無難なものを選んでみて下さい。

姑はあなたを振り回したいだけですから、何を言われても相手にしないこと。

ストレスを溜めないためにも、手土産選びには時間を掛けないことがおすすめです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

帰省シーズンは本当に辛い時間ですよね。

早く自分の実家に帰りたい・・・。

ゆっくりのんびりしたいはず。

義実家訪問が終わったら、自分へのご褒美を忘れずに。

頑張りすぎないように、自分の心をしっかりと守って欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ