絶望に似たこの感情…。気持ちの【切り替え】に悩んではいませんか?

たまらなく楽しかった日の翌日に訪れる、絶望に似た寂しさと、

どうしようもなく悲しかったあの日の翌日にやって来た、絶望に似た苦しみは、

いつまで経っても私を帰してはくれなくて、嫌になる。

目を閉じて深い溜め息とともに振り返る今に、込み上げてくる感情。

このままずっと、このままきっと・・・。

繰り返す今と過去の狭間で、立ちすくむとき。

あなたは何を想うでしょうか?

気持ちの切り替えが上手くいかないときのこと。

あの日で止まっている

付きまとう。どこまでもいつまでも・・・。

素直になれば泣き崩れてしまいそうで、足がすくんで動けない。

楽しかったから。嬉しかったから。

幸せだったから。

気持ちはいつまで経っても今に戻ってこない。

あの日あの時、あの瞬間はいつまで経っても色褪せない。

そんなことばかり考えて、目の前に広がるやらなければいけないことに、

目を背けたくなってしまう。

だってまだ、あの日のことで胸はいっぱいだから・・・。

つまらなくて平凡で、どうしようもないこの繰り返しな日常に、

帰りたくないことは気が付いている。

気持ちの切り替えに、悩んだことはありませんか?

思い返せば、もうずっとこの調子。

いつまでも夢の中にいては、今が疎かになってしまう。

今と向き合えないことは分かっているのに。

辿り始めたら止まらない記憶。あなたにもきっとあるでしょう?

今ここにはない安心感と、今ここにはいない大切な人。

笑った顔がふと頭を過って、懐かしい声に心を澄ます。

掴めるようで掴むことのできない、過ごしたはずの時間の不確かさに、

心がどこが不安を感じて、情けないくらい泣きたくなった。

今に帰る勇気を出さなければいけないことだって、分かっているのに・・・。

 
スポンサーリンク

気持ちの切り替え

判断を間違えた。きっとこれは不正解なんだ。

突き付けられた現実は、想像以上に重苦しい。

見出した選択と切り捨てた選択の狭間で、今になって揺れている私はどうしようもなく憶病で、

胸の奥がシクシクと痛む。

悲しいくらいに悔しいのはなぜだろう。

なんだかんだで、自信があった。どこかでどうにかなると思っていたんだ・・・。

繰り返す反省。繰り返す後悔の中で、何一つ手にしていないような、

どうしようもない心細さに駆られてしまうときがある。

上手くいかない日。

最低で最悪で、こんなはずじゃなかったを繰り返すあの日は、

時々私の元にやって来る。

平然とした顔つきで電車に乗り込んでくる大勢の人を眺めながら、

きっとこの中にも誰か一人ぐらい、今日の私のように最低で最悪な一日を過ごした人がいるのかもしれない。

そんなこと考えて、ちっぽけな慰めに頼りながら歩く帰り道。

どうしようもない日には、こんな風にどうしようもないことばかりを考えてしまうのだから参ってしまうよ・・・。

失くしたものや落としたものを、探す気力も湧かないくせに、

執拗に振り返ることをして、悲しみの渦にのみ込まれて消えたくなる。

切り替えたくて、忘れたくて。サヨナラをしたい日が、あなたにもありませんか?

引きずる感情に感じる、居心地の悪さ。

気持ちの切り替えは、いつだって大きな課題なのかもしれません。

 

今への戸惑い

あぁ楽しかった。あぁ悲しかった・・・。

最低な日も最高な日も、ある意味どちらも特別な時間。

だからこそ難しく感じてしまう、気持ちの切り替え。

楽しかったあの時間も、悲しかったあの日のことも。

今に繋がる重要な経験であることは、何も変わりはありません。

あと一歩。あと一歩のところで、いつも引き戻されてしまうのは、

それだけ懸命に日々を過ごしているという、証なのではないでしょうか?

気持ちの切り替えにつまずいてしまうときは、無理をしないこと。

そして頑張りすぎないこと。

焦りを感じて、不安を抱えて・・・。選択に付きまとう後悔。

悲しみに苛立ちを重ねてしまうときこそ、冷静な判断が必要です。

今と向き合うことに戸惑いを感じてしまうのなら、立ち止まること。

あなたの想いをしっかりと、見つめて欲しいと思います。

あの時間に、あの日の出来事に心がとらわれてしまう理由を、

強く優しく受け取めましょう。

ゆっくりでいい。気持ちの調整を少しずつしていくことができるように。

今できることを、ひとつずつ丁寧に熟していきましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

楽しかったあの日に戻りたくなって、悲しかったあの日に溢れ返る後悔。

気持ちの切り替えが上手くできなくて、悲しみに暮れてしまうときは、

自分自身の気持ちと向き合うことから始めてみませんか?

たまらなく楽しかった日の翌日に訪れる、絶望に似た寂しさと、

どうしようもなく悲しかったあの日の翌日にやって来た、絶望に似た苦しみは、

いつまで経っても私を帰してはくれなくて・・・。

ひとつずつゆっくりとそして丁寧に、今という時間を過ごして行くことで、

きっと変化を感じられるはずだから。

焦らずにあなたらしく、今を歩いて欲しいと思います。

時間という存在が、あなたをそっと優しく包み込んでくれるから。
 
 



あなたへのオススメ