ショック…LINEの【既読無視】あなたならどうする?

既読無視されたこと、あなたはありますか?

好きな人や友達。職場の人・・・。

既読無視って、された方はとっても気になりますよね。

嫌われちゃったのかな?何かあったのかな?

不安な気持ちと心配で、心はザワザワ。

既読無視された時の対処法を紹介します。

スマホから離れて

既読は付いているのに、どうして返信はないんだろう。

不安になってしまう【既読無視】

自分の送った文章を読み返しては、

「送らなければ良かった」なんて、後悔ばかりしていませんか?

LINEに振り回されないためにも、まずは切り替える努力をしてみることが大切です。

スマホから少し離れてみること。

そうすることでと、自然とLINEを開く回数も減りますよね。

考え過ぎてしまいネガティブに捉えていると、心が疲れてしまいます。

自分自身がどのような心構えでSNSと付き合っていくか。

それを考えてみる、いい機会だと思って下さいね。

メールを思い出そう

送信した文章を読み返して、ハッとしてしまったり。

ちょっと言い過ぎたかな、誤解させてしまったかなと思うようなところが見つかれば、

相手に訂正文を送るのもいいでしょう。

「今読み返して気付いたの。ごめんね」

このような書き出しで返信してみましょう。

相手があなたに対してフェードアウトを考えていなければ、きっと返信は届くはず。

既読無視は【忙しいから】 【緊急ではないから】という理由が多いものです。

既読の付かないメールであれば、このようなことは日常茶飯にあったはず。

既読が付くことで【読んだらすぐ返す】と考えるスタイルが定着しただけで、

深い理由がない場合もありますよね。

ゆったりと構えてみることで、既読無視に対する不安がきっと解消されるはずです。

もちろん、面倒くさい。返したくない。と言う理由も中にはあるかもしれません。

その時は、訂正文や別の話題を送ったところで返信はこないでしょう。

それは気付かないうちに、互いにズレが生じていたということです。

連絡をするのは今日でSTOP。

新しい出会いが訪れるというタイミングでもありますから、前を向き落ち込まないようにして下さいね。

 
スポンサーリンク

気遣うスタンプ

既読無視の対応には、もちろんスタンプもおすすめです。

返信がないということは、何かあったという場合も考えられます。

体調を崩している。具合が悪い。忙しい。

そんな時に返信を催促するようなスタンプが届いたら、ちょっと嫌な気分になりませんか?

よっぽどな理由がない場合は、1週間くらい時間を明けてからスタンプを送信してみましょう。

「大丈夫?」 「心配しています」 「何かあった?」

このように、相手を気遣うスタンプを選びましょう。

返信が送りやすい状況を察してあげることも大切です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

LINEの既読無視。気になりますよね。

自分が何かしてしまったのではないか、相手に嫌な思いをさせてしまったのではないか。

嫌われたのではないかと、不安に感じてしまいます。

一人で思い悩まずに、もう一度だけアクションを取ってみるのもひとつの方法です。

切り替える気持ちも忘れずに。

既読無視に振り回されないようにして下さいね。
 
 



あなたへのオススメ