結婚に【希望】が持てないあなた。その意識を変えるには?

結婚を意識する年齡ではあるのに。

どうしても一歩が踏み出せない・・・。迷いがあるのはどうしてだろう。

人生の転換期とも言える「結婚」について、一度じっくり向き合ってみませんか?

なぜ、結婚に希望が持てないのか・・・。

あなたの心の奥に隠された気持ちを、見つめてみましょう。

選ぶのは相手も同じ

結婚をすることで自由に使える時間とお金が減り、責任が増える。

そんなネガティブな捉え方をしている人も、今の時代少なくありません。

それでも未来を考えた時、一人ではなく家族がいた方がいいのではないか?

このような迷いを抱えている人も多いでしょう。

結婚に興味はあるけれどネガティブなイメージが強く、

一歩が踏み出せずにいるという人は、まずは決め付けをやめることです。

結婚に自分の自由を求めたり、したことのない結婚に疲ればかりを想像していては、

まず良縁には恵まれないでしょう。

なぜなら、結婚【してやる】という感情が強く感じられるから。

結婚は、あなた一人が選ぶことではありません。

上から目線で相手と向き合い、自分のことばかりを考えていては夫婦としてやっていくことは難しいでしょう。

「私は理想が高いから選び過ぎちゃって・・・」

このような発言は自分本位であり、自分自身も選ばれる立場にいることを棚に上げています。

結婚に少しでも興味があるのであれば、前向きな姿勢を忘れないことが何よりも大切です。

ネガティブな感情のまま婚活を行なっても、相手に失礼なだけ。

仕方なく【結婚するしかない】と感じているのであれば、婚活はしない方がいいかもしれません。
 
スポンサーリンク

愛する人と夫婦に

結婚に希望が持てないのはなぜなのか?

そこをしっかりと考えてみる必要があります。

初めてのことに、どうしても不安を感じてしまうのは皆同じです。

【責任】を感じ尻込みしてしまうのであれば、結婚という言葉にとらわれるのではなく、

愛する人を見つける気持ちで婚活に挑んでみましょう。

本当に愛する人に出会った時に、その責任が【強さ】に変わる瞬間が訪れます。

もちろん不安は変わらずやってきますが、愛する人と夫婦になることに深い喜びを感じられるはず。

結婚に希望が持てないのなら、その理由と向き合う時間をつくりましょう。

もちろん、描いていた理想と現実が異なることもあるでしょう。

それでも共に生きていくパートナーに出会えたのです。

感謝の気持ちを思い出すたびに、本当に大切なことが見えてくるはずです。

 

前向きな心構え

婚活を成功させたい気持ちはあるのに、結婚にためらいを感じている時は、

ポジティブなイメージを持つことも、幸せを引き寄せる鍵になります。

私は結婚に向いていない。上手くやれる自信がない・・・。

そんな不安を抱えたまま婚活をしていても、チャンスを逃してしまうだけ。

婚活は、運命の出会いが待っているのかもしれない【出会いの場】です。

「心配なこともあるけど、一生懸命頑張ろう」

結婚に対して前向きさを忘れず健気に努力のできる女性は、とても魅力的に見えませんか?

大切なのは【心構え】なのです。

背筋を伸ばして、あなたらしく・・・。素敵な笑顔が幸せを引き寄せてくれるでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

結婚を意識する年齡ではあるのに、

どうしても一歩が踏み出せない時は、立ち止まって考える時間が必要です。

希望が持てない原因と、じっくりと向き合うこと。

きっとたくさんの気付きが訪れるはずです。
 
 



あなたへのオススメ