勝手に比べないで!女同士のジェラシー回避法

女同士の付き合いには、マウンティングが付きもの。

相手と自分を比較してしまうのは、避けられないことかもしれません。

胸に秘めておけばいいものを、そのジェラシーをあからさまに表に出す女性もいますよね。

面倒くさい女同士のジェラシー回避法をご紹介します。

サラッと笑顔で

「私の方が可愛い・・・」 「私の方が幸せ・・・」

今の自分に自信がないからこそ、このような感情が湧いてしまうのです。

ジェラシーを表に出す女性は、その卑屈な感情を攻撃に変えるパワーを持っています。

【羨ましい】という感情を、素直に受け止めて努力に変える気持ちがあればいいのですが、

嫉妬心を抑えることができない、負けず嫌いな性格が特徴です。

そのため相手に対し嫌味ったらしい褒め言葉をぶつけたり、わざとらしく否定的な発言を繰り返します。

「この歳になって、ピンクの物は持てないよねぇ」

ピンクの鞄を持った女友達へ、平気な顔をしてそんな話をしてきます。

「あ~・・・私の話ね!」なんて、見え透いたフォローをしては意地悪な笑みを浮かべるでしょう。

このような相手には、スルースキルが役立ちます。

「え?私の鞄ピンクだよ~」と、笑顔でサラッと交わしてしまいましょう。

黙ったままでは、彼女の言いたい放題になってしまいます。

「ピンク好きなんだよね」と、笑顔で答えたら話をすり替えてしまいましょう。

心に余裕がない女

女同士のジェアラシーを回避するためには【相手を持ち上げる】のも、ひとつの方法です。

嫌味な発言をされた時こそ、相手のことを褒めて話の流れを変えましょう。

心に余裕がないのなら、離れればいいだけのこと。

それができないのが、感情を表に出し攻撃に変える人なのです。

「また始まった・・・」そう感じた時は、話の流れを変えることに集中して下さい。

「あ、可愛い靴履いてるね~」 「ピンクのチーク可愛い!」

とにかく外見を褒めてみて下さい。

自分の心を守るためにも、これ以上当たられないように相手を持ち上げてしまいましょう。

面倒くさい付き合いには、真剣に取り合わないことも重要です。

「余裕がないんだなぁ」と温かい目で見てあげることで、あなた自身もきっと楽になれるはず。

 
スポンサーリンク

距離感を変える

会う度にジェラシーをぶつけられている。

LINEにも嫌味な文面が多い・・・。

そんな時は、彼女との関係を見直してみましょう。

このまま関係を続けていくのは、あなたのストレスが大きくなってしまうだけ。

こちらから関わることを避けましょう。

連絡はせず、遊びにも誘わない。

彼女からの連絡には時間を掛けて返信をし、すぐにやり取りを終わらせること。

話題は天気くらいに留めて、深い話は一切しないようにして下さいね。

あなたの近況も教えることはありません。強いて言うなら【忙しい】とだけ伝えましょう。

「嫌われたかな?」と、相手に意識してもらうきっかけになるかもしれません。

 

最後に

いかがでしたか?

女同士のジェラシーって、本当に面倒くさいですよね。

自分の感情をコントロールせず、他人にぶつけてばかりでは幸せは引き寄せられません。

感謝の気持ちや思いやりを持たなければ、いつでも心はカラカラで愛に飢えてしまうはず。

嫌味な発言はサラッと交わしてしまいましょう。

彼女の言うことなど、真に受ける必要はありませんよ。

幸せは、人と比べるものではないのですから。
 
 



あなたへのオススメ