また思い出しちゃった…。【嫌な記憶】もう忘れたいのに。

振り回されたくないのに振り回されてしまう。

思い出したくもないのに思い出してしまう。

あの日のこと。

悲しくて寂しくて、痛くって辛くって・・・。

嫌な記憶の行方。一緒に考えてみませんか?

簡単には消せない記憶

握りつぶしたくなる。

頭の中に溢れる記憶を取り出して、くしゃくしゃに丸めてゴミ箱に捨てたい。

全部なかったことにできたらいいのにな。

一人呟いて、別に何の予定も入っていなのに、

まっさらな手帳なんか開いて、気を紛らわせようと試みる。

今を見ないと戻りたくもない記憶に、飲み込まれてしまいそうで怖い。

見慣れた曜日とか、聞き慣れた数字とかを眺めていると、

今を生きていることに気が付けるから・・・。

どうしようもなく悲しかったこと、嘘みたいに辛かったこと。

忘れたい記憶が、あなたにはありませんか?

思い出したくなんてないのに、ふとしたときに思い出して、

胸の当たりが痒くなる。

こんなことあったな。あんなことあったね。

そんな風に振り返ることができないから、奥歯をぐっと噛みしめるあの瞬間が、

まさに今やって来ている。

自分では手に負えなくなって、何かを探すように周りを見渡すけれど、

余計に孤独になるだけで参ってしまう。

みんなにもあるのかな・・・?みんなも持っているの?

大嫌いなあの人と大好きなあの人も、抱えている嫌な記憶。

自分だけじゃないと思いたいほど心細くなる。

 
スポンサーリンク

憎たらしくて寂しい過去

その辺にあったペンと紙に、書き殴るように嫌な過去を文字にする。

乱暴だけどひとつひとつ丁寧に。事細かに書き出していくうちに、

いつの間にか心は落ち着きを取り戻していくから、そこでやっと救われる。

思い返す時間はとても苦しいものだけど、嫌な過去と向き合える今だからこそ、

気が付けるものも多い。

あのときの私には必要だったこと。あのときの私の精一杯の選択だったこと。

押し寄せる痛みを越えて、今を生きていることを知る。

上手くいかなかった仕事に、上手くやれなかった人間関係。

恥ずかしいほど情けない恋に、投げやりの日々は今日の私だから、

強く抱きしめることができるできるのかもしれない・・・。

そんなことを考えながら、握りつぶすことができなかった頭の中の記憶の代わりに、

ゴミ箱に投げ捨てた、嫌なことがいっぱいの紙切れ。

まだまだ許すことができないそれだけど、こうして整理を続けていけば、

前を向ける日がやって来る。

自分を信じてみませんか?

あの頃の自分が許せなくても、強く優しく受け止めること。

頭に浮かぶその嫌な記憶の登場人物も同じです。

憎たらしくて寂しいその過去を受け止められることができたとき、

あなたはきっと前を向く大きな一歩がふみだせるはずだから。

 

感じているその痛み

振り返って後悔に溺れて、息苦しい。

頭を抱えて瞼を閉じて、相変わらず考え込んでしまうこの時間を、

どうにかしたいのに・・・。

なかなか抜け出せないネガティブのループ。

あなたも悩んでいませんか?

恋人や夫の裏切りと、重たくのしかかる友情。

今の私ならそんな選択しないのになんて、いまさらだらけの言い訳ばかり探してしまうことに、

余計に虚しくなるくせにやめられない。

捉え方を変えてみませんか?

嫌な記憶に後悔が付きまとうのなら、あのときの自分には必要な経験だったと、

切り替えてしまいましょう。

あなたの感じているその痛みは、今だからこそ感じられるものだから・・・。

泣いて泣いて、どうしようもなく泣いても塞がらない心の奥は、

まるで大事なものを落としてきたみたいで、腹ただしくなるかもしれない。

それでもあなたは今を生きている。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

思い出したくないのに思い出してしまう嫌な記憶が、

あなたにもきっとあるでしょう?

自分だけじゃないと思いたいほど心細くなる、あの日の出来事。

悲しくて寂しくて、痛くって辛くって・・・。

そんな嫌な過去に振り回されないように、今のあなたを信じて欲しいます。

今はまだ整理をすることができなくても、少しずつ手放していけるように、

そして前を向いていけるように・・・。

人生は一度きりです。あなた今を見つめて下さい。

嫌な過去を許すことができなくても、受け止めること。

後悔を学びに変えて、歩いて行きましょう。
 
 



あなたへのオススメ