Close

意地悪だなぁ…。【嫌がらせをする人】の心理って?

不安を煽るように、自分の正義をみんなの正義にすり替えて、

今もこちらをじっと見つめながら笑っている。

「みんなが言ってたよ」

・・・みんなって誰?

誰かになりたくて、それでも誰かになれない意地悪な人。

嫌がらせをする心理をまとめてみました。

言葉の嫌がらせ

会話の中で感じる違和感。

ん?今なんて言った・・・?

心無い言葉に言葉に驚いて、頭だけがさっきの会話を追い掛ける。

本人は相変わらず、笑ってるのか笑っていないのかよく分からない表情を浮かべて、

こちらを向いて話し続けている。

適当に相槌を打ちながら、さっきの言葉の意味を考える。

こんな人がいるんだという、彼女から聞いた誰かの話。

「みんなこう」 「みんなこうするのが当たり前」

彼女の価値観に何となく耳を傾けて、ただ話を聞いていたけれど、

突然、私を非難する言葉に変わるのから身構えてしまう。

「みんなの当たり前と、あなたの当たり前は違うよね?」

つまりはこう言いたいんでしょう・・・?

嫌がらせは会話の中で起こることもある。

吐き出される彼女の正義は、目の前の私を否定しなければ成立しないものばかりだから。

あなたには違和感を感じる友達がいませんか?

聞き間違いかと思いたい。それでもはっきりと頭に焼き付いている意地悪。

 
スポンサーリンク

みんなって誰?

「みんなこう」 「みんなそう」

当たり前という感じに語られる、ただの偏見。

頷けないから、曖昧に濁して目を逸らす。

言い返すのも何だか億劫に感じてしまうのは、彼女の強い攻撃性のせいでしょう。

嫌味でしかない言葉。耳を塞ぎたくもなるけれど、聞き逃すのも腹ただしい。

せめて彼女の言葉に振り回されないように、前を見据えることができたらいいのに。

「私の言うこと全てが正しい」

そんな威圧感を感じる意地悪な人が、あなたの周りにはいませんか?

正しいか正しくないかは、それぞれが決めること。

曖昧な内容ばかりだから、誰かという存在を示しながら会話を進めてくるのでしょう。

「みんなが言ってたよ」 「みんなも言ってたんだから!」

顔も知らない彼女の言うみんなって、一体誰・・・?

他人の生活スタイルを非難することで、自分を認めたいだけの弱い人なのです。

 

自信がない人

自分のストレスを吐き出したいから、わざわざ「遊ばない?」なんて、

予定をつくりたがる、めんどくさい人。

ネガティブな発言をポジティブに変えるための時間ならいいけれど、

嫌がらせをする人は、基本的に誰かに当たることが目的なのでしょう。

終わりがないから、止まらない嫌味。

コンプレックスの表れなのかもしれないけれど、嫌がらせを受けるこちらからすれば、

ただの迷惑でしかありません。

恋愛であれば、彼氏や夫の仕事や収入。または外見や仲の良さなんかも、

ライバル視される対象になってしまうのです。

比べる必要もないし、自分が幸せなら何も問題はないことなのに・・・。

それだけ自分の幸せに自信が持てないから、誰かの何かを否定するのでしょう。

自分と異なるものを受け入れる心の余裕もないのなら、

人のことを詮索するのをやめて、自分の幸せと向き合えばいいだけなのに。

それができないから、嫌がらせという楽な方に逃げてしまうのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

違和感を感じるその言葉に、振り回されてはいませんか?

嫌がらせは、ただの醜い嫉妬心。

それだけあなたが幸せそうに見えるから、意地悪な人は悔しいのでしょう。

ターゲットにされるのは本当に迷惑な話ですが、自信を忘れずに。

あなたは意地悪な人にはない、ハッピーオーラに溢れているんだから。
 
 

happymail


あなたへのオススメ