気が合うのはどうして?【波長が合う】友達と出会っていますか?

言葉を交わさなくても、一緒にいるだけで、

居心地の良い安心感を感じる友達。

転換期の訪れが重なるも多いから、特別な繋がりを感じてしまうかもしれません。

波長が合う友達についてまとめてみました。

波長が合う友達

言葉を探す必要がない相手。

無言になって気まずいなんてこと、2人の間にはないから不思議。

黙っている時間も、言葉を交わさなくても伝わる安心感。

波長が合う友達があなたにもいませんか?

持っている空気感が似ている相手と過ごす時間は、居心地の良さを感じるはず。

価値観や物事の捉え方が似ているからこそ、自然と距離感のバランスが取れていく大切な友達。

長く付き合っていきたいと思えるのは、互いに尊重し合うことができている証なのかもしれません。

心と心が通じ合い、深い繋がりを感じられる相手はそうそういませんよね。

もしあなたが、バツグンに波長が合うと感じている友達に出会えているのなら、

それはソウルメイトやツインソウルのような、魂の引き合わせによるものなのかもしれません。

深い絆は愛おしさを感じるもの。

出会いに感謝ができる友達は素晴らしいものだから。

 

波長が合う理由

好きなものは違っても、その好きに対する意識が同じ方向を向いていたり、

良い悪いを決める正義感が近いところも、2人の呼吸が合う理由。

励まし合い支え合うことがナチュラルに行なえるのは、たくさんの共通点を互いに理解しているからでしょう。

試練の時期。人生の転機のタイミングなど、転換期の訪れが重なるも多い波長が合う友達。

思い当たる人はいませんか?

思いやりを見失うこともなく大切に向き合える関係性は、不思議な縁を感じますよね。

だからこそ言わなくても分かってくれる。伝えなくても汲み取ってくれるなんて、

甘えすぎないことも重要です。

信じ合うことができる今は、二人で過ごしてきた時間があるから・・・。

いつまでもこの関係が続くように、「ありがとう」と「ごめんね」はしっかりと届けていきましょう。

 
スポンサーリンク

波長が合わない

反対に波長が合わない友達もいるでしょう。

物事への捉え方が異なれば、どうしてもすれ違いは生じてしまうはず。

一筋縄ではいかない関係性は、心にしこりを残してしまうでしょう。

気を遣いすぎてしまったり、思いやりを忘れてしまうような付き合い方では、

信頼も安心も受け取り合うことができませんよね。

お互いの距離感を見つめ直す時間が必要かもしれません。

そこを疎かにしてしまえば、さらに人間関係はギクシャクとしてしまうはずだから・・・。

波長が合わないということは、簡単に言えば気が合わないことと同じです。

大切にすべき感情を見失わずに、これからを見つめて欲しいと思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

波長が合う。気が合う。

居心地の良い安心感を感じる友達が、あなたにもきっといるでしょう?

心と心の繋がりは目には見えないものだからこそ、大切にしたいですよね。

これからも思いやりの心を守りながら、絆を深めて欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ