大丈夫じゃないのに大丈夫。【頑張りすぎちゃう】私はどうしたらいい?

駆け抜けてきた。走り抜けてきた。

ただそれだけなんだ・・・。

「そんなつもりじゃないのに」 「何も分からないくせに」

思わず吐き出しそうになった憎しみに、ハッとして振り返る。

私の今は、本当にこれで良かったの・・・?

頑張りすぎてしまうときほど、襲い掛かる孤独。

頑張っていただけのつもりが、いつの間にか頑張りすぎて、

呆然と立ちすくんだ今のこと。

抱え込んでいることも、溜め込んでいることも、

振り絞る気持ち

頭のどこかで気が付いていたはずなのに、がむしゃらにただひたすらに走り抜けてきてしまったから、

いつの間にか分からなくなってしまったのかもしれない。

頑張ると頑張りすぎるの、その境界線。

あなたも悩んでいませんか?

いつだって正解なんてどこにもなくて、それでいて不正解も分からないから、

ただ駆け抜けてきた今のこと。

どこからともなく湧き上がる熱のようなものというよりは、乱暴に引っ張り出してきた必死な気持ちを、

今日も慣れた手つきで整える。

こんなことになるくらいなら、もう少しもうちょっとの勇気で、

声を上げることができたらよかったのに・・・。

後悔に似た諦めは心をぎゅっと締め付けて、少し悲しい。

零れ落ちていく本当と願い事。あなたにもきっとありませんか?

自分のことを後回しにしてまで、今日も振り絞るこの気持ち。

誰かの手を借りるくらいならと、一人きりで様々な問題を抱え込んで、

俯いて・・・。

頑張っているつもりが、思った以上に頑張りすぎてしまって、

気が付けば溢れ返りそうな、複雑に絡みあったもの。

気持ちまで溜め込むことを選んだ自分を、責めるあの瞬間のこと。

恋も仕事も人間関係も、とにかく頑張りすぎてしまうアナタヘ・・・。

 
スポンサーリンク

これで良かったの?

真面目だとか責任感が強いだとか、ありきたりの言葉を慰めのように受け取るたびに、

少しずつ何かが狂いだしてしまう。

「そんなつもりじゃないのに」 「何も分からないくせに」

思わず吐き出しそうになった憎しみに、ハッとして振り返る。

私の今は、これで良かったの・・・?

頑張りすぎてしまうときほど、襲い掛かる孤独を感じてしまうんだ。

それでも、そのとき初めて出会うことができる気持ちがあることを、

あなたもきっと感じているでしょう?

好きなことばかりじゃないし、嫌いなことは山ほどある。

それでもやらなきゃならない。向き合わなければいけない。

理由なんて分からないけれど、ただ心が自然に動き出してしまう日々を、

あなたも過ごしていませんか?

いつか辿り着けるように、この試練の先にある私らしさを目指して・・・。

頑張りすぎてしまう日々は、あなたの優しさであり強さの証。私はそう思います。

それでもくたびれてしまうときはある。

目を背けたい本当は面倒なことにまで、思わず寄り添ってしまうから。

疲れを感じ悲しみに暮れてしまうときは、迷わずに立ち止まること。

頑張りすぎている自分自身に、寄り添うことができるように、

心を見つめて欲しいと思います。

 

居心地の行方

頑張りすぎている今の自分にあなたは何を想い、感じていますか?

重苦しくのしかかる、頭を抱えてしまうほどの苦痛?

それとも、試練を感じながらもやりがいを受け取れる日々なのか・・・。

すべてはあなたの心が教えてくれるもの。

自分自身と向き合う時間をつくって欲しいと思います。

あなたの今感じているその居心地の在り方というものが、心の声に繋がっているはずだから。

正解も不正解もない。

あなたの人生は、あなたの時間の過ごし方は・・・。あなたが決めるべきもの。

もしも今にどうしようもなく悲しみを抱えているのなら、頑張りすぎている事柄から、

一度そっと抜け出してみること。

誰かのために精一杯になれることは素晴らしいことですが、自分のためにも頑張れること。

休むという選択も、同じくらい大切なことでしょう?

後悔に溺れてしまう前に、自分自身の今について改めて見つめ直してみるのも、

ひとつの方法です。

恋も仕事も人間関係も・・・。頑張り方次第で大きく変化してしまう現実。

その頑張り方というものは、頑張る方向性とも言えるかもしれません。

何事にもバランスと距離感は重要だから。

あなたらしく過ごすことができる生き方について、この機会にじっりと考えてみてはいかがでしょうか?

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

零れ落ちていく大切な気持ち。あなたもきっと感じているでしょう?

頑張りたいけれど、もう十分に頑張っているからこそ、この先が分からなくなるあの瞬間。

自分のことを後回しにしてまで、今日も振り絞る気持ちは、

時にどうしようもない孤独を連れて来てしまうから。

頑張りすぎてしまう日々を過ごしているアナタヘ・・・。

誰かの手を借りるくらいならと、一人きりで背負い込んでしまった様々な問題と、

今日も両手いっぱいに溢れ返った後悔を抱えて、過ごす今のこと。

あなたの心に寄り添い、これからに目を向けて欲しいと思います。

精一杯に過ごす日々にも、誰かのために走り抜ける毎日の中にも、

自分を労わる時間を取り戻すことができるように。
 
 



あなたへのオススメ