諦めていた恋に変化が…。運命の無料占い【カラー波動診断】で辿り着いた真実とは…? – DayDreamer
Close

諦めていた恋に変化が…。運命の無料占い【カラー波動診断】で辿り着いた真実とは…?

私にはもう、本当の幸せなんてこないんだ。ってほとんど諦めていました。

彼のことは心から愛しているし、彼のためならどんなことにだって耐えられる。

 

ここまで好きで、絶対に離れたくないのに私達は結ばれることはない。

だって彼には、私以外の家族がいるのだから…。

この運命は変わらない。

 

静かに始まる純愛

誰に非難されてもいい。わかってる。どれだけ後ろ指を刺されようが、馬鹿にされようが。

私は彼を愛している。

許されない恋だとしても、それは死ぬまで変わらない。

まるで運命のいたずらのようだけど、いくら泣いたって好きなものは好きなのだ。

 

運命の出会い

彼は、私が派遣で配属された先の上司にあたる人間で、

最初はどこかとっつきづらい雰囲気があったけど、時折見せる笑顔や、仕事のフォローをしてくれる時の気遣い。優しさに。私の心臓は火を灯したように熱くなった。

 

仕事に慣れるまでは不安や、人間関係への緊張感にビクビクしていたけど、それを感じ取ってくれた彼は、敢えて言葉にするでもなく私を助けてくれた。

もうその時点で私は彼を大好きになっていた。

けど、彼には愛する奥さんがいる。私にはどうすることも出来ないから、ただ遠目で日々彼を追っていた。

 

運命の転機

配属されてからちょうど1年くらい経った頃、社員昇格の提案を頂いて、迷っていた私を彼が食事に誘った。

彼のプライベートを気にしつつ、仕事上の付き合いだろうと割り切ってついていくことにした。

私はそこで彼の思いがけない弱い姿を目にする。

 

仕事のプレッシャーやストレス。

その上、夫婦生活がうまくいっていないこと…。

ぽつりぽつりと言葉少なめに語る彼は、普段見る様子とかけ離れていて、

私は心が締め付けられるような感覚がした。

 

そして同時に、もう会ってはいけないと。確信した。

 


運命の占いであなたの未来を確認してみませんか?

不倫・復縁・離婚まで人には言えない悩み専門~



【期間限定】誰でも無料占いキャンペーン中です!

 

占いとの出会い

それから私は社員の話を断って、彼とはなるべく会わないように日々を過ごした。

痛いくらい感じる彼の視線。

 

恐らく彼も、私を意識している。

20代ではそれなりに恋愛も経験してきて、自意識過剰でもなく、恐らく、たぶん、なんとなく。

私たちは惹かれ合っていた。

 

そんな時、たまたま同僚が結婚する話が浮上して、ざわつく心を抑えながら「カラー波動診断」という占いのことを知った。

その子はしきりに「当たるんですよ!」を連呼していた。

 

“カラー波動診断”との出会い

カラー波動診断は、人間が元々持つ波動やオーラをみて、過去や未来を鑑定する占い。

占いなんて信じてなかったし、スピリチュアルなことなんて当てにならないと思ってた。

でも

この誰にも相談できない想いは日々募るし、吐き出しようのない悲しみは私を蝕んだ。

初回は“無料”ということで、それほど抵抗もない。

 

わらにも縋るような気持ちで思い切ってサイトにアクセス。生年月日、性別を打ち込む。

「当たらなくたっていい。真実なんて知りたくない。」

 

それからすぐに占い師の先生から返信があった。

 

占い師:「あなたのオーラを見ました。

今はとても苦しい現実に耐えているようですね。

それからもう一つ別のオーラが見えるのですが、

これはどなたですか?」

 

心臓がドクンと鳴って指先が震える。

私:「それは私の、好きな人です。」

 

占い師:「そうですか。

その方は今、あなたと同じように苦しい状況にいます。

まだ、結ばれていはいませんね?

でもとても強い繋がりを感じます。」

 

私:「でもこの恋は実りません。」

 

占い師;「彼を信じて待てますか?

あと3ヶ月。

そうすれば、すべてが変わります。」

 

またもう一度、今度はさらに大きく私の心臓が震えた。

 


 

占い師と、待つ日々

カラー波動診断の先生は、メールで相談するとその度に丁寧に今の状況やこれからのことを占ってくれた。

「明るいお洋服がいいです。運気も上がりますよ。」

「金運なら、今の波動だと、玄関にお花を飾ってみるといいかもしれません。」

 

相変わらず彼を遠巻きに、あまり関わりすぎないよう過ごしましたが、

それは想像以上につらく、切なく。「好き」だという本音を今すぐ何度でも伝えたい気持ちに襲われた。

 

「彼もあなたと同じ時間を過ごしています。」

遠目からでもやつれていくのが解る。彼も憔悴していた。

それが私のせいだと思うと少し嬉しくて、そう思い込もうとしていた自分もそこにいた。

 

 

運命の奇跡

それから3ヶ月、なんとか私は待った。

時には泣きながら、占い師に思いをぶつけ、自分の理不尽な運命に嘆いた。

でも、占い師は優しく、時には少し厳しく、

私の言葉に耳を傾け、励ました。

 

「オーラの雰囲気が変わりました。

あなたの運命に変化の予兆が現れているように思います。」

季節外れの雨が降っていた。

 

仕事を終え、駅までの道を急ぐ。

赤信号に立ち止まると、ふと向かいに見知ったシルエットが目に入った。

 

信号が青に変わるとそのシルエットがこちらに近づいてくる。

傘を差していないことに加え、暗がりで見る彼の顔は明らかに疲れ切っていた。

 

「離婚したんだ。すべて片付いた。

それから、

俺は君が好きみたいなんだ。」

雨のせいか、彼は泣いているように見えた。

 

私は思わず彼を抱きしめ、強く何度もうなずいて

「私もずっとずっと好きでした。」

 

運命が変わる音が、雨の向こう側で微かに、でも確実に鳴っているように聞こえた。

 

最後に

彼の最後の身辺整理を待つ間も、私は先生へのメールを欠かしませんでした。

恋人同士になれたことを報告すると、

まるで自分のことのように喜んでくれて、目頭がじんわり熱くなりました。

わらにもすがるような思いでしたが、思い切って相談してみて本当に良かったと思います。

 

それから半年後、

私は彼にプロポーズされ、私達は結婚します。

 

 

あなたが

もし、ちょっと人には言えないような複雑な悩みを抱えているなら、

少しだけ勇気を出して、相談してみては如何でしょうか。

「驚くほど当たる」と話題!

運命の無料占い”カラー波動診断”は、そんなあなたの味方です。

 

▼▼▼初回無料診断はコチラから▼▼▼

次に幸福な未来をつかむのは、

きっとあなたでしょう…。