嫌われたのかな…。友達に【着信拒否】をされた時

「あれ・・・?」

友達に連絡をしても、全然繋がらない。

いつも同じアナウンスが流れる・・・。

もしかして【着信拒否】されているのかな?

仲が良かったはずなのに。

大きなショックと、信じられない気持ちでいっぱいになってしまいますよね。

友達から着信拒否されてしまった時の対処法をご紹介します。

タイミングによる距離

着信拒否をされた時は、どうしても信じられませんよね。

仲良くしていたはずなのに・・・。

いい関係が築けていたと思っていたからこそ、そのショックは計り知れないものでしょう。

着信拒否の理由の多くは【距離を取りたい】という、メッセージが込められています。

友達と交わした会話や、一緒に過ごした時間をよくみつめ直してみることが大切です。

どうしても思い当たることがない。

そう思った時は、タイミングが原因かもしれません。

単純に彼女自身に、何かしら変化が起こったということ。

人間関係を見直したい出来事の訪れや、心の調子が悪かった時に、

あなたとの関わりの中で心に引っ掛かりを感じたなど・・・。

どうしようもない、避けられないもの。

それがタイミングです。

着信拒否を行なった友達にしか分からない、背景にあるのかもしれません。

人間関係は、動き変わるものです。

自分を責めずに、彼女を責めずに・・・。

そっとしておく選択を選びましょう。

納得がいかなくても、それが彼女の出した答えです。

今までの時間に感謝をし、前を向いて下さいね。
 
スポンサーリンク

サヨナラの意味

「もしかして・・・」

思い当たること見つかってしまった・・・。

あの時、ちょっと言い過ぎてしまったかもしれない。

甘え過ぎていたかもしれない。

着信拒否をされてから気付くこともあるでしょう。

今となれば、全てが原因のようにすら考えてしまうこともあるかもしれません。

【どうしても謝りたい】

そう思った時は、メールがまだ送れれば送信するのもあり。

LINEなど様々な手段があるとは思いますが、チャンスは一度切りと思うこと。

着信拒否の事実を受け止めて、向き合う気持ちが大切です。

しつこくならないように、冷静に大人の対応で接しましょう。

返事がなかった時は、彼女との関係には終止符を打つ決断が必要です。

これ以上はあなた自身も心を痛めることになりますし、

話し合いではなく着信拒否を選択したということは、サヨナラの意味が込められているはず・・・。

辛いかもしれませんが、教訓にして前を向いて下さいね。

人が傷付くということは、自分の想像を超えることもあるものです・・・。

思いやりの心を思い出して、内省をすること。

時間が解決してくれるのを、じっと待ちましょう。

 

友達が送っていたサイン?

着信拒否をされてしまった時は、自分に置き換えて考えてみることでヒントが見つかります。

あなたが着信拒否をしたいと思う瞬間は、どんな時ですか?

いきなり着信拒否というのは、よっぽどのことですよね。

彼女はあなたへ、何かしらサインを送っていたのではないでしょうか・・・?

あなたが着信拒否を考える友達がいた場合。

気付いて欲しい気持ちから、言葉や態度で相手に伝えようと一度は挑戦するのではないでしょうか?

【サインを見逃していたのかもしれない】

思い返すことで、彼女とあなたの関係性がよく見えてくるでしょう。

近くなりすぎたこと。それが、原因になる場合もあるのです。

人間関係には、どんなに仲が良くても距離が必要。

【親しき仲にも礼儀あり】

この言葉を受け止めて、これからの人間関係に生かすことが重要です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

着信拒否をされるのは、とてもショックな出来事ですよね。

事実を受け止めるには辛すぎて、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

大切に感じていた友達であれば、心の傷はより深いと思います・・・。

人間関係は、タイミングが大きく影響してくるものです。

彼女には感謝をして、もう連絡をしないこと。

【大切なことに気が付けた】

そう教訓にして、前を向いて欲しいと思います。
 
 



あなたへのオススメ