人に甘えるのが苦手…。甘え上手になるその秘訣とは?

本当は手を貸してほしい。本当はもう精一杯。

それでもつい言葉にしてしまう「私は大丈夫だよ」

助けて欲しいのに、寄り添って欲しいのに・・・。

恋人にも、友達にも。そして家族にも言えない素直な気持ち。

肩の力を抜いて、少しだけ勇気を出してみませんか?

甘え下手さん必見。上手な甘え方をご紹介します。

甘えることへの不安

本当は甘えたいけれど甘えられない、その心の背景には何があるのか?

一度じっくりと見つめる時間をつくりましょう。

大丈夫じゃないのに大丈夫と答えてしまい、

いっぱいいっぱいになり涙を流した経験が、あなたにはありませんか?

強がってしまうのも。気丈に振る舞ってしまうのも・・・。

相手を想うあなたの優しさ。

迷惑を掛けてしまう。忙しいのに申し訳ない。

頑張らなきゃ・・・。何とかしなくちゃ・・・。

こうやっていつの間にか、一人で抱え込んでしまっているのでしょう。

相手への気遣い。そして思いやりの心が強いからこそ頑張りすぎてしまい、

素直になるタイミングを見逃してしまっているのかもしれません。

まずは、頑張っている自分を認めてあげること。

一生懸命な自分を見つめてあげて欲しいと思います。
 
スポンサーリンク

受け止めることがきっかけに

無理や我慢を続けてしまうことで、様々な問題が出てきてしまうはず。

自分を追い込んでしまい体調を崩してしまったり、

相手とのすれ違いを感じるきっかけになってしまったり・・・。

甘え上手になるということは、今のあなたの気持ちをきっとラクにしてくれる、

肩の力を抜くようなイメージで捉えるといいかもしれません。

思い出してみて下さい。

あなたを想ってくれている大好きな恋人のこと。

手を貸そうとしてくれる職場の先輩や、気遣ってくれる友達や家族。

みんな、あなたの頑張りを知っているから声を掛けてくれるのです。

特に恋人には、甘えたくても甘えられない人が多いでしょう。

忙しいのに、会いたいなんて言えない・・・。

それでもあなたの様子をキャッチして、「大丈夫?今から行こうか?」と恋人に言われたら、

あなたならどう答えますか?

流れに身を任せてみて下さい。

流れに逆らわずに、相手の言葉を受け止めてみること。

甘え下手を克服するための、大きな一歩になるはずです。

 

ありがとうが絆をつくる

甘えたいのに、甘えることが苦手。

その背景にある、迷惑を掛けるのではないかという漠然と感じる大きな不安。

複雑な感情が入り混じる中で流れに身を任せたときに、

どのような姿勢で相手と向き合えばいいのか、混乱してしまうこともあるでしょう。

甘えることに躊躇してしまうのも、どんな風に相手と接したらいいのか?

どのように言葉にしたらいいのか、難しさを感じてしまうはず。

素直になる勇気を出した後は、感謝の気持ちを伝えること。

当たり前ですが「ありがとう」の想いを届けることが、次に繋がる関係をつくるのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

人に甘えることが苦手だからと、一人で頑張りすぎていませんか?

大丈夫じゃないのに大丈夫と答えたときにやってくる、どうしようもない心細さ・・・。

甘えたいけれど甘えられない。

その心の背景をしっかりと見つめて欲しいと思います。

肩の力を抜いて、流れに身を任せてみて下さい。

きっと今までとは違った世界が見えてくるはずです。
 
 



あなたへのオススメ